ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  生きて生きて、生き抜いてやれ。

タイヨウのうた スタンダード・エディション タイヨウのうた スタンダード・エディション
YUI (2006/11/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 FMヒットチャートで毎日の様に流れてくるYUIの唄う『CHE.RRY』を聴きながらこのレビューを書いている。YUIのウタを意識しだしたのはこの曲が切っ掛けなのだが、もうアルバムを2枚も出しているなんて知らなかった。「駆け引きなんか出来ないよ。好きなんだ」「胸がキュンと狭くなる」などの歌詞がとっても新鮮だった。へぇ、良い詩を書く娘だなぁ~なんて思っていたのだが、この映画の為に書き下ろしたと言う「Good-by days」も素敵なウタだ。そして、彼女が唄う姿を初めて見た時、なぜか『尾崎豊』を思い出した。優しくチョッと哀しそうですねた様な表情と強い眼差のせいだろうか・・・。しそんな彼女が初主演した映画『タイヨウのうた』。とっても静かで、ウタと優しさが沁みる良い映画なのです。

 映画の主人公雨音薫(YUI)は、16才。毎日夜明け前に家の窓越しに、サーフボードを抱えて現れる高校生の藤代孝治(塚本高史)に恋をしていた。彼女はXP(色素性乾皮症)という難病のため太陽の光にあたることができない。高校へも行けずに、深夜に駅前広場で歌うことが唯一の生きがいの薫は、恋の小さなキャンドルに灯った炎を大切にしていた。
 ある夜、弾き語りの最中に孝治を見かけた薫は後を追い、踏み切りで突然告白をする。しかし、薫に残された時間は残りわずかだった・・・。  ブログランキング

 夜明け前の、湘南の海。江ノ電の線路と踏み切り。派手さなんて微塵も無いが、この映画は実に丁寧で誠実に作られている。薫が孝治に告白する踏み切りは、映画の中で印象的に何度か登場するのだが、XPという難病に冒された薫と、普通に暮らす孝治を隔てるメタファーとして、上手く使われている。一度別れた二人が、再び線路で追いつき、薫のほっぺをつねってキスをするシーンは、静かに胸を熱くする良いシーンだなぁ~と思った。

20070514215956.jpg

 この映画には、所謂芸達者な大物俳優は一人も出演していない。YUIは全くの初出演だし、塚本君も上手い役者ではない。しかし、その自然で静かな演技がかなり良い。只一人、劇団出身の岸谷五郎は、当然上手い。そして、只一人の娘を病魔に冒された葛藤に怒りを露わにするシーンは、流石に良い芝居をしている。
 監督の小泉徳宏(ROBOT)も脚本/原作の坂東賢治も若手ながら良い仕事をしている。低予算でコレだけの映画を創ってくれるのは嬉しい限りだ。
 
 薫は、『死ぬまで生き抜いてやるんだから』『生きて生きて、生き抜いてやる』という。そして、あっけなく突然死んでしまう。画面いっぱいに映される向日葵の花。カメラがゆっくりと引いてゆくと、タイヨウのメタファーとしてのその花に包まれた薫が静かに眠っている。残された人たちは、それでも日々の暮らしを続けてる。
 そんな時、薫が生前に録音した「Good-by days」がFMのローカル曲から流れ、街の人たちの耳を奪う。とっても美しく、そして心に残るエンデングだった・・・。 FC2 Blog Ranking
 
 
 レビューの中であえて静かなと言う言葉を何度も使ったが、最後にもう一回書く。この映画は決して映画賞などの記録に残らないだろうが、観た人の心に静かに記憶される映画になるだろう。
 
  そっとボリュームを上げて、確かめてみたよ・・・
 
 カッコ良くない優しさが、そこにあるよ ~ ♪




Good-bye days Good-bye days
YUI for 雨音薫 (2006/06/14)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

タイヨウのうた プレミアム・エディション タイヨウのうた プレミアム・エディション
YUI (2006/11/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


    限りなくヘヴィーな21g。
20070411205440.jpg
21グラム (初回出荷限定価格) / ショーン・ペン

今回のアカデミー賞でも話題になった『アレハンドロ・ゴンザレス・イニヤリトウ』監督。

公開直前の『バベル』を観る前に、キッチリ予習をしようと『21g』をDVDでチェック。

『ポールハギス』監督のタッチにも似た感が有るが、よりへヴィかも。

物語は、クリスティーナ(ナオミ・ワッツ)、ポール(ショーン・ペン)、

ジャック(ベニチオ・デル・トロ)の3人が、一つのハート(心臓)に導かれて

出会い、絶望と希望の数奇な運命に翻弄されると言うストーリーだ。

クリスティーナは、アルコール中毒の絶望の淵から立ち直ったばかり。

今は彼女を支えた優しい夫と、二人の可愛い娘と暮らしている。

数学者のポールは、末期の心臓病を抱えて死を待つ身。妻との愛情も冷めている。

そして、前科を持ちながらもキリストへの信仰を支えに立ち直ったジャックは、

若者の更生に努める日々を送っている。 ブログランキング

そんな見ず知らずの3人を、ある悲劇の交通事故と一つの心臓が結びつける事になる。

過去・現在・未来。3つの時制をシャッフルした斬新な編集と、3人の揺れる

感情を見事に表す手持ちのぶれたカメラワークが、21gの世界へと誘う。

そしてこの映画に限りなく高いテンションとリアリティを与えているのが、

鬼気迫る主演3人の演技とパッションだ。

アカデミー・アクターの『ショーン・ペン』は言うに及ばず、『ナオミ・ワッツ』と

『ベニチオ・デル・トロ』の演技も、文句無く凄い。

果たしてコレだけの演技力を持つアクターやアクトレスが、日本に何人いるだろうか・・・。

ポールの生きる事への迷いと苦悩。クリスティーナの底なしの絶望。

ジャックの神への愛と憎悪。それぞれの感情を、3人の俳優達が、台詞の抑揚、視線、

そして指先の震えや背中で演じて魅せる。  FC2 Blog Ranking

3つの魂が傷つきぶつかり合いながら、それでも生きる事への希望を求めて彷徨う。

カットバックと言うにはあまりにも大胆な、錯綜する編集に振られながらも、

気が付くと3人の中に自分を見付け、ラスト近くのポールの衝撃的な行動に、

誰もが自分の21gを感じずにはいられなくなる。

それにしても、『21g』と言い今回の『バベル』と言い。コンセプトを見事に表現した

監督のタイトルセンスに、拍手です。

20070411213026.jpg


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング



テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画


下妻は、ジャスコよりゴージャスだせ!

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
深田恭子 (2004/11/26)
東宝

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-90% !

オッス! あたいは『イチコ』。『イチゴ』じゃねえよー!バカ!

達也、オメェおせーんだよ、レビュー書くのがよー。

『嫌われ』の後で、スグに観たんだろー、あたいと桃子の『下妻物語』。

面しれーに決まってんジャンよー。

さっさと書かねーと、ブッ飛ばすぞー!!

てな訳で、遅ればせながらレビューです。いやいや、『嫌われ松子の生』にビックリして、

スグにTSUTAYAへゴー。借りて、観て、ビックリ!こりゃ面白い。

映画の文法なんて無視して、思い切りスパークしております。

原作は耽美派作家の『嶽本 野ばら』。この妖しくもピュアな原作をレッドーゾーンに

振り切った演出で映像化したのが、『中島哲也』監督。 ブログランキング

冒頭から牛のウンコは踏むは、自作『黒ラベル』のCMのパロディをやるは、

ハイテンションのままゴールをブッチギッて見えなくなるほどの疾走感を感じさせる。
20070401150810.jpg

田んぼばかりの茨城県郊外の下妻に住む桃子(深田恭子)は、ゴスロリのファッションに

身を包んだ高校生。そしてオヤジは大阪・尼崎から逃げてきた極道(宮迫 博之 )だ。

祖母は片目の樹木 希林(ゲッ!ブラック) 、母は篠原涼子。

そんな桃子(ヤンキーっぽい名前)と友情を育むバリバリの50CC暴走族のヤンキーが、

イチゴ(土屋アンナ)なのだから凄い。他にもBABYの社長に岡田 義徳。

八百屋の若旦那に荒川 良々。イチゴが恋する一角獣の龍二を 阿部 サダヲと、

ズラリと曲者が揃っている。  

ロリファッションを買うために父のバッタ商品のベ○サーチを売りに出した桃子。

その買い手として現れたのが、ヤンキーのイチゴだった。ヤンキーとロリ。

それは、本来は水と油、月とスッポン、猫に小判(アレ?)なのだ。

しかし、友人のいないイチゴは、桃子の不思議な魅力に引かれ強引に友情を結ぶ。

当初、うざいと感じていた桃子も、次第にピュアで一途なイチゴに心を開いていく。

伝説の刺繍師や桃子の父と母のエピソード等を交えつつ、怒涛の勢いで

ドラマは展開して行く。しかし、単なるおバカなB級映画と思ったら大間違い。
20070401150723.jpg

緻密な計算とプロフェッショナルな画作りが見事なエンターテイメントに仕上げている。

しかも、イチゴの失恋、桃子の夢と現実を織り交ぜながら、最後にはグッと感動をも

感じさせるから参ってしまう。

そして何より、プロのクリエイター達が、映画を楽しみながら作っていることが、

画面を通じてビンビン伝わってくるようだ。

達也のお気に入りシーンは、桃子のデザイナーデビューを祖母の樹木希林が応援する

シーンと、イチゴの失恋、そして牛久大仏での決闘シーンだな。

ハチャメチャなシーンのオンパレードだが、キッチリ心に残る台詞も忘れていない。

今までの日本映画に無かったスタイルを確立したような作風は、

確実に『嫌われ松子の一生』へと繋がっている。

 FC2 Blog Ranking

20070401192129.jpg

イチゴの『負ける気がしねえ!』『大切なものを見つけたらどんな事をしても守り抜く』。

『だって一生大切なものに巡り合わない 人だっている』『大事なものは人に貸さない』。

『貸すときはかえってこないつもりで貸す』。等など、名台詞もオンパレードです。

そして、『その中に一つホントがあるから嘘がホントになる』。

正に、この台詞通りの映画です。

菅野よう子の音楽センスもグッド。HDの凝りに凝った映像とアニメ。

ヘンテコなギャグのオンパレードと、もう、やりたい放題。

『人間は大きな幸せを前にすると、急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは、

不幸に耐えることより勇気が要る』なんて桃子=フカキョンが言ったかと思うと、

ラストの決闘シーンで関西弁のドスの効いたあのタンカ!クーッ、いいねぇ。

そして最後には、スッとカタルシスを感じる不思議な映画なのであります。

ナルほど、乙女の道は、結構ハードボイルドなのだな。


下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件
嶽本 野ばら (2005/07)
小学館

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


この映画は、「曲げて、伸ばして」観て欲しい。

20070319194004.jpg

 嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀

@_@ TATSUYAのレンタル指数-95% !

前略 天国の川尻松子様。春は目の前とは言え、まだまだ寒い日が続きます。

先日やっと借りたDVDで、あなたを拝見し、あなたのひた向きで誠実な愛、不器用な生き方、

そして澄み渡る歌声に惹かれてしまいました。

殴られても、殺されかけても、あなたは愛した男を一度も裏切りませんでした。

自分を不幸にした元凶の龍君にも、神と言われるほどの愛を注いだあなた。

そして、死の直前まで中学生を叱る、あなたは稀に見る真面目な教師です。

そんな松子様、あなたが、愛しく、切なく、大好きです。
20070318154847.jpg

あなたの人生が『中島哲也』監督に映画化されたと聞いて、当初観る事を少し躊躇しました。

中島監督は、トヨエツの黒ラベルを始め、ヒットCMが山ほどあるCM界の巨匠ですが、

あなたの人生を映像化することなど、出来るのだろうか・・・、

ましてミュージカルのスタイルで描くなど・・・。しかし、全くの杞憂でした。

スクリーン狭しと唄い踊るあなたは、悩み苦しみ裏切られても、

常にポジティブに人生と愛に真っ直ぐ向き合っていました。  ブログランキング

あなたを演じた『中谷美紀』さんとは、目黒109スタジオのエレベーターで

偶然一緒に乗り合わせたことがありましたが、ちっちゃくて華奢で、

この映画のパーワーが何処から来るのか不思議です。きっと、

あなたの思いが彼女にも伝わったのかも知れませんね。
20070318155136.jpg

ミュージカル・シークエンスの中では特に、『トルコ嬢』と『刑務所』のシーンが

印象的ですが、『百貨店の屋上』や『水曜日の不倫』も素敵でした。

サイケでポップ。いつも夢を見て、星に手を伸ばしていたあなた。

刑務所の中でも、ヒンズースクワットを欠かさず、理髪師の良き妻になる為に努力する姿に、

親友の沢村めぐみ(黒沢あすか)さんも感動し、

あなたを最後まで助けようとしたのでしょう・・・。

だから、あなたの甥のへなちょこで、情けないフリーターの笙君(瑛太)も、

めぐみさんに愛され、あなたの事を、しっかりと理解してくれたようですね。

父に愛されたい為に始めた「ひょっとこ顔」。生涯、誰かに愛を捧げ続けたあなた。

東京の荒川を眺めて故郷の筑後川を偲んだあなた。

あなたの50数年の人生を、2時間10分で描きつくしたこの映画は、実に見事です。

20070318155432.jpg

あなたの怒涛の人生を燃焼し切った生き様が、監督、出演者、そして全てのスタッフをして、

この稀に見る傑作『嫌われ松子の一生』と言う映画を作らせたのでしょう。

もし一つだけ難をつけるなら、川尻松子様、あなたはタイトルの様に嫌われていません。

『ただいま』、『おかえり』。そんな言葉を誰よりも欲しがったあなた。

最後に、そんな松子に『お疲れ様』と言ってあげたい、達也です。    早々

なーんて、手紙風のレビューになってしまいましたが、

この映画、一度目観た時は、あまりの濃い味付けに、ちょっとおかわりは無理かな、

なんて思いましたが。最後まで観て、もう一度すかさずリプレイ。

結局朝の4時まで、コメンタリーも含めてみてしまいました。

普通あれだけ悲惨なストーリーだと、まともに描くと滅入ってしまう。

しかし、ストーリーの本質を歪めてしまっては元も子もない。

中島監督、ミュージカル仕立てに『曲げて伸ばして』ポップチューンする事で、

見事に松子に命を吹き込んだのではないでしょか・・・。


嫌われ松子の一生 (上) 嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹 (2004/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


嫌われ松子の一年 嫌われ松子の一年
中谷 美紀 (2006/05/10)
ぴあ

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング



何時までもゆれが止まらなくなる。


ゆれる ゆれる
オダギリジョー (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-100% !

お久しぶりの達也でございます。

春の花粉症ショックからやっと立ち直ってまいりました。

いやー、しかし『西川美和』と言う女流監督は、やりますなぁ。

前作の『蛇イチゴ』もそうでしたが、今回の『ゆれる』もかなりのモノでございます。

巷では影の日本アカデミーの声もあるとか無いとか(ホンマかいな)。

しかし、ややもすれば2時間サスペンスドラマにもなりかねないテーマと設定で、

観客をグイグイと『ゆれる』世界へ引き込む手腕は、只者ではない。

しかも、オダギリジョーに香川照之と、現在邦画界のトップクラスのアクターを

サラリと起用し、『蛇イチゴ』の宮迫の時もそうでしたが、今回のキム兄といい、

絶妙のキャスティングを見せてくれます。  ブログランキング

ストーリーは、東京で成功した新進のカメラマン早川猛(オダジョー)が、

母親の一周忌で田舎の山梨に帰省してくることから始まる。

弟の猛と何もかも正反対の稔(香川照之)は、父とガソリンスタンドを

切り盛りしている。帰るなり父(伊武雅刀)とぶつかる猛。そんな二人を

なだめるのは、おとなしい稔の役割だった・・・。

20070310223911.jpg

そんな事はお構い無しに、猛は実家のガソリンスタンドで働く幼馴染の

智恵子(真木ようこ)を見かけ、その日のうちに、ちゃっかりと肉体関係を持ってしまう。

夜遅く家に帰ると兄の稔が、『どうだった智恵ちゃん、あれで結構凄いだろ』と、

思わせぶりな台詞を猛に向ける。

何も無かったかのように、翌日三人で近くの渓谷へと出かけるが、

そこに思わぬ悲劇が待っていた。渓谷に掛かるつり橋を渡って、

智恵子が猛に会いに行こうとした時、恐くて渡れないと言っていた稔が

智恵子に追いつき、橋の上でもみ合ううちに、智恵子が転落してしまったのだ・・・。

都会と田舎。兄と弟。そして、持つものと持たざる者。

2つの魂が、吊り橋の上でゆれながらゆっくりと静かに落ちてゆくかのように、

確かだったはずの兄と弟の絆は、法廷や面会室で次第に壊れてゆく。

オダギリと香川の演技バトルは凄まじく、静かに見えない火花を散らしながら、

クライマックスの意見陳述へと向かってゆくのだ。

あの時、吊り橋の上で何があったのか? サスペンスとしても、人間ドラマとしても、

一級の仕上がりに、ただ唸るしかない完成度を見せてくれる。
20070310225524.jpg

激しい法廷での戦いの後、家族は壊れた魂を引きずりながら暮らしていた。

兄が刑期を終えて出所するという日も、救ったはずの兄を迎えることが出来ない猛。

しかし、母が残した幼い日の吊り橋を渡る8ミリフィルムを観た時、

猛の魂は再び大きく『ゆれる』のだった・・・。

渓流の音が一瞬止まり、木々のざわめきだけが聞こえる。

あの日、あの時、ゆれた出した心は、絶望と救済のどちらへと向かうのか。

観客のハートをゆらゆらと揺さぶりながら息をも吐かせず、

感動のラストへと、引き込んでゆく。

正に、06年最高の邦画と呼ぶに相応しい、珠玉の一本であります。

しかし、作品2本目にして、この仕上がりとは恐れ入る。

美和のリードで、邦画もゆれる。恐ろしい事になってまいりました。
20070310231414.jpg

それにしても、検察官のキム兄こと木村祐一の演技は良かった。

あっ、そう言えばこの映画もシネカノンの配給です。

うーむ、ますます邦画がゆれてきた感じですな。

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。