ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悪役を演じてこそ、名優。

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ (2005/03/04)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


「人は見た目が9割 」と言う本が売れている。

なるほどそうかも知れない。一般人でそうなのだとしたら、

俳優となると更に顕著になるだろう。『トム・クルーズ』という俳優は、

そのルックスで大きく得をした部分と同じくらい損もしていると思う。

そして、そのことを誰よりも知っているのは、トム自身だろう。

『トップ・ガン』でブレイクして以来、常にハリウッドの

トップスタートして数々の映画に主演してきた彼だが、

常に自分に与えられる役柄と、自分の俳優としての可能性の間で

葛藤していた。その果てが『バニラ・スカイ』に繋がっていると、

達也は勝手に想像するが、当たらずしも遠からずだろ、トム。
  FC2 Blog Ranking

なーんて長い前書きを書いたのは、『トム・クルーズ』への誤解を

払拭しようと達也なりに考慮してのこと。

でも、この『コラテラル』で殺人者を演じるトムを見ていただければ、

先入観など一蹴されるはず。
  人気blogランキングへ ← よろしくね。

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ (2005/12/22)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


『マイケル・マン』監督の「コラテラル」は、

一人の悲しい殺人者と、偶然彼を乗せることとなった平凡なタクシー・

ドライバーの1日を描いたクールなアクション映画の秀作だ。

夜明けまでに5人の殺しを依頼された殺し屋「ヴィンセント/トム」の

“足”にならざるを得なかった『マックス/ジェイミー・フォックス』は、

入院中の母には自分が運転手だとは告げず、リムジンの会社を

経営していると嘘をついている。そんな平凡な男と、

冷酷なプロの殺し屋として生きる『ヴィンセント』との

価値観の違いや、それぞれの弱さ、悲しさが交錯するタクシー内での

会話は、この映画の見所の一つ。
 ブログランキング

よく練られたプロット、スタイリッシュな映像とクールな音楽。

単なるアクションモノと思う無かれ。

非常に完成度の高い映画に仕上がっている。

ラスト近く、二人を乗せたタクシーの前を横切るコヨーテの意味を

考えてみるのも一興。とにかく一度、ご覧あれ。

コラテラル(=巻き添え)を食うこと間違いなし。
  夏一の映画を見つけよう!


スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。