ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月15日、真実の戦争を語る映画の誕生。


main2(6).png


http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
  ↑ 映画の詳細は公式ホームページで。

今日、8月15日の朝刊に『硫黄島からの手紙』の全面広告が掲載された。

2度のアカデミー監督賞に輝く『クリント・イーストウッド』が、

日米双方の視点から太平洋戦争の激戦地である硫黄島にスポットを当てて描いた、

全く新しい意味での戦争映画である。

日米の戦闘を描いた映画は、数限りなくあるが、双方の視点で戦争の愚かさ、

悲惨さを描いたものは存在しない。プラトーンやプライベートライアンにしろ、

勝者の視点からのみ描かれたものに過ぎないからだ。

そんな視点の問題や、日本12月9日、アメリカ10月28日と、

ほぼ1月ほどの違いでロードショーされるこの映画に、期待せずには居れない。

映画のタイトルは、日本篇が『硫黄島からの手紙』、アメリカ篇が『父親たちの星条旗』

となっている。

達也としては今後、詳細が分かり次第、レビューしていきます。

ぜひ、皆さんのご意見や感想も聞かせてください。


ブログランキング

監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド
    スティーヴン・スピルバーグ
    ロバート・ロレンツ
原案: アイリス・ヤマシタ
    ポール・ハギス
脚本: アイリス・ヤマシタ
美術: ヘンリー・バムステッド
 
出演: 渡辺謙
二宮和也
伊原剛志
加瀬亮
中村獅童
裕木奈江
  ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。