ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ズゴーッ!と、やってくれました。

フォーガットン フォーガットン
ジュリアン・ムーア (2005/11/02)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


最近刺激が足りないとお嘆きのあなたに、取って置きの映画をご紹介いたしましょう。

えっ?凄い傑作かって、そりぁ観てのお楽しみ。

でもたぶん多くの人は達也を恨むんだろうなぁ…な、感じの映画です。

なんせこの『フォアガットン』ほど各レビューで酷評されている映画は、

ちょっと無い。それもそのはず、映画の前半と後半(特に衝撃のラスト)が、

全く別の映画になっているからであります。  FC2 Blog Ranking

前半は『ジュリアン・ムーア』の、息子を思う母の迫真の演技で魅せる

上質のサスペンス。後半の山場でいきなりSFかいな!!!

そんな映画ありかいな!? と、多くの映画ファンが激怒するのもむべなるかな。

ブログランキング

それも、前半のサスペンス度が高いが故の悲劇(喜劇かも)。

飛行機事故で息子を亡くした『テリー/ジュリアン・ムーア』が、悲しみのあまり、

記憶を捏造しているとされ。そして家族写真から息子だけが消え、

友人も夫も「息子などいなかった」と言う。一体何が起こったのか・・・。

そんなストーリーで物語が展開されると、見る方もサスペンスモードに

突入してしまうもの。

しかし監督の『ジョセフ・ルーベン』や脚本の『ジェラルド・ディペゴ』は、

それを意図していたのかもしれません。

そう考えるのもこの映画の一つの楽しみ方。ズゴーッ!
  

人気blogランキングへ  ← よろしければ。

にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。