ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画は、娯楽の王様なのだ。

カーテンコール カーテンコール
伊藤歩 (2006/06/21)
バップ

この商品の詳細を見る


いつでも夢を。いつでも夢を~♪ そんなメロディが街に流れた頃、

映画は娯楽の王様だった。そして、日本経済も右肩上がりで成長し、

誰もが心に夢を持っていた。何時しか映画が斜陽産業と呼ばれ、

日本経済も低迷し、映画はテレビやゲームに取って代わられた・・・。

そして月日は流れ、再び銀幕に輝きが戻りつつある。そんな日本映画を

支える一人が、『半落ち』や『四日間の奇蹟』、そして『出口の無い海』の

『佐々部清』監督であることは、誰もが認めるところだろう。

今回ご紹介するの映画『カーテンコール』は、日本の映画全盛時代だった

昭和30年代から40年代にかけて、下関の映画館で幕間芸人として活躍した

一人の男と家族を温かいまなざしで描いた感動作であります。

ブログランキング

物語は、東京の出版社で働く『橋本香織/伊藤歩』が、スキャンダル記事により、

福岡のタウン誌の編集部に異動を命じられる事から始まる。

タウン誌に舞い込んだ一枚の葉書に心惹かれた香織は、「昭和30年代から40年代に

かけて下関の映画館「みなと劇場」にいた幕間芸人の修平に興味を持つ。

そして映画館「みなと劇場」を訪れた彼女は、50年その劇場に勤める

藤村志保から、幕間芸人の『安川修平/藤井隆』の輝かしい日々と、

家族との悲しい結末を聴かされる。やがて、香織は雑誌の仕事の一線を越えて、

修平と残された娘の『美里/鶴田真由』に引かれて行くのだった…。

同時期に公開された『ALWAYS 三丁目の夕日』とともに、昭和ブームを巻き起こした

この『カーテンコール』も、平成日本人の心を捉える魅力に溢れている。

配役は、幕間芸人の修平に「藤井隆」、物語の進行役であるタウン誌記者役に

「伊藤歩」、修平の娘に「鶴田真由」。そして、往年の人気女優

「藤村志保」。老いた修平役に「井上堯之」が扮している。

特に凛とした「藤村志保」と、ラストに「いつでも夢を」を弾き語りする

「井上堯之」の味わい深さは最高。こりゃ、亡くなった長さん以来の

掘り出し物デッセ!!   FC2 Blog Ranking

ささ、懐かしの昭和歌謡と銀幕のスターは、

DVDでゆっくりとお楽しみくだされ。


にほんブログ村 映画ブログへ



スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。