ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C・セロンの野心作だが・・・。

イーオン・フラックス スタンダード・エディション イーオン・フラックス スタンダード・エディション
シャーリーズ・セロン (2006/09/27)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「モンスター」、「トリコロールに燃えて」「イーオン・フラックス」と、

立て続けに『シャーリーズ・セロン』の主演作を観たわけだが、

どれ一つとして同じトーンの映画が無い。まるで、女優である事を楽しむかのように、

殺人鬼・奔放な女・女戦士を演じ、女優としての限界に挑戦することを

楽しんでいるようだ。

そんな彼女の最新作「イーオン・フラックス」は、2415年の地球を舞台

にしたSFアクション・ムービーだ。  FC2 Blog Ranking

品種改良によって発生したウィルスにより、人類の99%が死滅した世界。

だが生き残った500万人の人類は、汚染された外界とは壁で隔てられた都市

『ブレーニャ』で圧制されながらも暮らしていた。

そんな政府に抵抗する反政府組織『モニカン』の最強の女戦士

『イーオン・フラックス/C・セロン』は、ブレーニャの支配階級の

グッドチャイルド家の議長暗殺を命じられるのだった・・・。

『モンスター』でオスカーを獲得した『シャーリーズ・セロン』が、

4か月にも及ぶ肉体訓練を経て、スタント無しのアクションを演じている

が、実際撮影中に爆転のシーンで首を痛め、リハビリしながら撮影を

続けたと言う。もともとバレリーナを目指していたセロンだけあって、

その柔軟性の効いたアクションはすごい。しかし、演出のカット繋ぎが

イマイチというか、いただけない。本人が演じている割にカット割が多く、

シーンのつながりが薄い。それがアクションシーンのメリハリを弱くし、

全体のキレわ悪くしていると感じた。 ブログランキング

カルチャーの作りこみは斬新で面白いものもあり、特に監督の『カリン・クサマ』 が

日系人のせいか、随所に中途半端なジャパネスクを感じる。

が、ブレードランナーほどのセンスを感じられず、チョッと痛い。

限りある生を精一杯生きる事をテーマにしているのだから、

そこを徹底的に演出して欲しかった。

しかし、『シャーリーズ・セロン』の「ミラジョボ」や「アンジェリーナ」への

ライバル心剥き出しのこの映画、達也は決して嫌いではありません。


 人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ




スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。