ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9.11と11のメタファー。

ミュンヘン スペシャル・エディション ミュンヘン スペシャル・エディション
エリック・バナ (2006/08/18)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-88% !

スピルバーグがクリントイーストウッドの硫黄島2部作の制作に参加していることもあり、

今回この映画『ミュンヘン』をチョイスして観た。

映画のテーマは、ズパリ『連鎖する復讐』、果てしなきテロの虚しさである。

物語は1972年のミュンヘン五輪の際に起きたパレスチナ人ゲリラ黒い9月による

イスラエル選手11人の殺害に端を発している。その後のイスラエル側による報復として

『神の怒り作戦』の暗殺グループが組織され、5人の元モサドの工作員が事件に関与した

とされるパレスチナの重要人物を狙ってアテネ、パリ、ロンドンを巡ってヨーロッパ各国で

暗躍。次々と彼らを暗殺していく姿を、ミュンヘン事件の実写フィルムや、事件を回想する

フラッシュバックを交えながらドキュメンタリーなタッチで描いて行く。

20061214084000.jpg

スピルバーグの視点は、ニュートラルな立場にいるようでやはりイスラエル寄りに思える。

ユダヤ人としての存在がそうさせるのかも知れないが、今回のクリントの硫黄島のように、

まったくイーブンで、双方の視点で描ききれていない点が物足りなさを感じさせるのだ。

それでも、スピルバーグ一座の作り出す映像と音響は素晴らしく、ジョン・ウィリアムズの

音楽も胸に沁みる。  FC2 Blog Ranking

中盤以降、繰り返す殺人の虚しさ、死んでゆく仲間達や家族の絆に悩むリーダーの

アヴナー(エリック・バナ)の演技も、映画のテンションを限りなく高めている。

それだけに、やはりもう一つ踏む込んだ答えが欲しくなるのだ。

情報屋ルイの手配した隠れ家でアラブゲリラの一団と偶然同宿することになった時の

階段でのやり取り、そしてその後のラジオのチューニングを巡る解決策を、更に止揚させる

何かが必要だ。そのカタルシスが無いために、大きなフラストレーションを残したままとなる。

20061214084125.jpg

ラストにアブナーとモサドの上官がマンハッタンで決別するシーンの背景に映し出されるのは、

今は無き在りし日の「ワールド・トレードセンター」ビルだが、ミュンヘンで殺された

11人の選手、狙われたアラブのテロリスト11人。    ブログランキング

そして、その後に繰り返される復讐の連鎖と悲劇の象徴である『9.11』のメタファーとして、

二棟並んで11の数字に見て取れる。

そしてその平行線は、何処までも交わることなく、天を突いてそびえ立つ。

この映画を観た後には、一青 窈が『9.11』のテロにインスパイアされて作った曲

『ハナミズキ』をゼヒ聴いて欲しい。

 僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと
 止まりますように
 君とすきな人が
 百年続きますように ~ ♪


死んでいった者達が、

残された家族や愛する者達を思う歌詞にもとれる・・・。

『硫黄島からの手紙』にあって、『ミュンヘン』に無いものは、この歌にある

自己犠牲の精神と、強い祈りなのかもしれない。

因みに花見月の花言葉は、『私の思いを受け取ってください』である。

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。