ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


壊れたヘッドライトは、何を語るのか。

クラッシュ クラッシュ
サンドラ・ブロック (2006/07/28)
東宝

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-95% !

硫黄島2部作からの関連で、『ポール・ハギス』の監督作品『クラッシュ』を観た。

『ミリオンダラー・ベイビー』に続いて『父親達の星条旗』の脚本を担当し、

『硫黄島からの手紙』では脚本をアイリス・ヤマシタに委ねたものの、製作総指揮と

共同原案で深く関わっている。

その『ポール・ハギス』の脚本・監督作品。しかもアカデミー6部門にノミネートされ、

作品・脚本・編集の3部門を受賞したとあっては、観るほうもチカラが入る。

しかも公開はとっくに終わり、DVDの発売・レンタルも済んでいるので、皆さんのレビューも

事前に見た上での鑑賞となった。結論を急ぐと、やはり『硫黄島2部作』の

ヒントは、ここにも十分に認められると言うこと。   FC2 Blog Ranking

『クラッシュ』の衝突が個人とすれば、『硫黄島』のクラッシュは国と国との衝突である。

しかし、どちらも国籍・言語・宗教・政治・地位が複雑ら絡み合った上での衝突であり、

『硫黄島からの手紙』でも、海軍と陸軍、上官と部下、憲兵と兵や民間人の

クラッシュが深く描かれている。

20061218124803.jpg

さて、本題の『クラッシュ』だが、多くのレビュアーの方が、素晴らしいレビューを

沢山書かれているので、ここでは達也なりに気付いたポイントを取り上げたい。

先ず、オープニングのタイトルバックが美しく素敵なのだが、作り手としては

そこに映画に込める思いやコンセプトを感じさせたくなるものだろう。

勿論例外も多々あると思うが、『ポール・ハギス』はシッカリ思いを込めていると感じた。

というのも、『ねこのひたい』の「にら」さんが指摘されているように、

この映画には2人が1対になったペア何組も登場するが、  ブログランキング

このペアのセットのメタファーが、車の『ヘッドライト』である。

オープニングのタイトルに美しいヘッドライトが浮かび上がって、流れては消えるが、

ヘッドライトは2つで1ペアの象徴に見て取れる。そして車が衝突する時に壊れるのが

ヘッドライトであり、ラストのクラッシュするシーンにも登場する。

20061218124928.jpg

しかし、この映画の中で1台だけヘッドライトが壊れて左側しか点灯しない車が登場する。

冒頭のクラッシュシーンで女刑事に食って掛かっていた韓国女キム・リーの夫、

カンボジア人を密売するチェン・チン・グーの白いワンボックスだが、

相棒と別れた黒人が一人運転している。また、車と言えば、物語のキーとなる車が、

黒の「リンカーン・ナビゲーター」と言うのも面白い。「黒」の「リンカーン」ですから。

それと、売られる寸前に開放されたカンボジア人の少年が、CDショップのPVに見入る

シーンも印象的だが、『クラッシュ2』を期待するのは、達也だけでしょうか・・・。

まぁ、誇大妄想とお笑いください。

Crash [Original Motion Picture Soundtrack] Crash [Original Motion Picture Soundtrack]
Mark Isham、 他 (2005/06/07)
Superb
この商品の詳細を見る


@_@ 速報! 2007年2月に、「CRASH」ディレクターズカット発売!
クラッシュ ディレクターズカット・エディション クラッシュ ディレクターズカット・エディション
サンドラ・ブロック (2007/02/23)
東宝

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。