ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二人の愛は、山の頂へと向かうのか・・・。

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ヒース・レジャー (2006/09/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-80% !

メリークリスマス。メリークリスマス、Mr.ロレンス。じゃなくて皆様。

如何がお過しでしょうか・・・。

達也は12月13日のYahooアルゴリズム更新の大打撃にもめげず、ブログを書いております。

ブログのバックデータに検索エンジンからアクセスする人達が大勢いたのに、

トホホ状態であります。ブログのバックデータ、ブログバック、ブロークバック、

「ブロークバック・マウンテン」バンザーイ!! てなことで、今回は強引に

『ブロークバック・マウンテン』のご紹介。  FC2 Blog Ranking

この映画は、先にレビューした『クラッシュ』とアカデミー賞でデットヒートを繰り広げ、

見事2005年のアカデミー3冠に輝く名作だが、同性愛のテーマとあって、

正直レンタルの触手が伸びなかったのです。でも観て納得。

あーもっと早く観ておくべきだったぁ~。

20061225081809.jpg

舞台は1963年。美しいワイオミング州の山々で羊を追う二人の若いカウボーイが、

ふとしたことから愛し合い、互いを求め合う関係になる。いわゆるホモセクシァルな

同性愛がテーマだが、視点を変えるとシンプルなラブストーリーでもある。

しかし、1963年という時代とアメリカ中西部の環境が、二人をゆっくと追いつめ、

悲しくも深いエンディングを迎えるという、20年に渡る愛の物語だ。

不幸な過去を持つイニス(ヒース・レジャー)は、羊を追うひと夏の仕事を得るために

『ブロークバック・マウンテン』へ向かう。そこへ同行することになったロディオ・

カウボーイのジャック(ジェイク・ギレンホール)との愛が『ブロークバック・マウンテン』で

燃え上がる。やがて山を降りたイニスはその後結婚し、二人の女の子を

持つ父親となる。また、ロディオ大会で名を馳せたジャックも、裕福な実業家の娘と

家庭を持つことになる。だが、そんな暮らしの中でも二人には満たされぬ

ものがあった、それはあの夏「ブロークバック・マウンテン」で生まれた愛であり、

その愛だけがふたりの心を癒すことができたのだ・・・。

20061225082008.jpg

よく不倫したお姉さんが『好きになった人に、たまたま奥さんがいただけよ』、

などと言う台詞を耳にするが、この映画の場合も『好きになった人が、たまたま

同姓だった』のか・・・。この映画を観ると、お姉さんの台詞にも少しはリアリティを

感じるが、偶然事実を知ったイニスの妻(ミシェル・ウィリアムズ)と、

最後に息子の生き方を受け入れたジャックの両親の深い悲しみを思うと胸が痛む。

だからこそ、元々同性愛者じゃないジャックがイニスを求めた理由を、

もう少し深く描いて欲しかった。

ジャックの妻(アン・ハサウェイ)が、ラスト近くにイニスと電話で交わした言葉、

『彼が生前好きだといっていた、夢の様な「ブロークバック・マウンテン」は、

本当にあったのね 』と言う言葉には救われる。
  
そして、イニスの最後の言葉『これからは永久に一緒だ』は、普遍的な

愛のゴールを示しているのだと思う。   ブログランキング

このテーマを見事に映画としての高い山の頂に至らしめた『アン・リー』監督の手腕と、

深く味わいのあるサウンドは、実に見事としか言い様がない。

『ブロークバック・マウンテン』は、人と人が愛し合った映画なのだ。

しかし、この映画のDVDには一言『渇!』と言わせて頂きたい。

こらー ! 映画の画面を勝手に暗くするな !! イニスとジャックが愛し合うシーンを

意図的に劇場版より暗くして、なんのこっちゃ分からんほど明度を落とすとは何事 !

と、激情する達也。そんな奴は、冥土にへ行けー!

あれ、やっぱ駄洒落になってる・・・。

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。