ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    限りなくヘヴィーな21g。
20070411205440.jpg
21グラム (初回出荷限定価格) / ショーン・ペン

今回のアカデミー賞でも話題になった『アレハンドロ・ゴンザレス・イニヤリトウ』監督。

公開直前の『バベル』を観る前に、キッチリ予習をしようと『21g』をDVDでチェック。

『ポールハギス』監督のタッチにも似た感が有るが、よりへヴィかも。

物語は、クリスティーナ(ナオミ・ワッツ)、ポール(ショーン・ペン)、

ジャック(ベニチオ・デル・トロ)の3人が、一つのハート(心臓)に導かれて

出会い、絶望と希望の数奇な運命に翻弄されると言うストーリーだ。

クリスティーナは、アルコール中毒の絶望の淵から立ち直ったばかり。

今は彼女を支えた優しい夫と、二人の可愛い娘と暮らしている。

数学者のポールは、末期の心臓病を抱えて死を待つ身。妻との愛情も冷めている。

そして、前科を持ちながらもキリストへの信仰を支えに立ち直ったジャックは、

若者の更生に努める日々を送っている。 ブログランキング

そんな見ず知らずの3人を、ある悲劇の交通事故と一つの心臓が結びつける事になる。

過去・現在・未来。3つの時制をシャッフルした斬新な編集と、3人の揺れる

感情を見事に表す手持ちのぶれたカメラワークが、21gの世界へと誘う。

そしてこの映画に限りなく高いテンションとリアリティを与えているのが、

鬼気迫る主演3人の演技とパッションだ。

アカデミー・アクターの『ショーン・ペン』は言うに及ばず、『ナオミ・ワッツ』と

『ベニチオ・デル・トロ』の演技も、文句無く凄い。

果たしてコレだけの演技力を持つアクターやアクトレスが、日本に何人いるだろうか・・・。

ポールの生きる事への迷いと苦悩。クリスティーナの底なしの絶望。

ジャックの神への愛と憎悪。それぞれの感情を、3人の俳優達が、台詞の抑揚、視線、

そして指先の震えや背中で演じて魅せる。  FC2 Blog Ranking

3つの魂が傷つきぶつかり合いながら、それでも生きる事への希望を求めて彷徨う。

カットバックと言うにはあまりにも大胆な、錯綜する編集に振られながらも、

気が付くと3人の中に自分を見付け、ラスト近くのポールの衝撃的な行動に、

誰もが自分の21gを感じずにはいられなくなる。

それにしても、『21g』と言い今回の『バベル』と言い。コンセプトを見事に表現した

監督のタイトルセンスに、拍手です。

20070411213026.jpg


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:DVDレビュー - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。