ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間の暗い闇を覗く様な映画。

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組
ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン 他 (2007/05/18)
東宝

この商品の詳細を見る


 何と!!『TATSUYAのレンタル映画レビュー』一ヶ月ぶりの更新であります。まぁ、確かに忙しいのだけれど、ちょっと書くことに夏ばて気味でした。よしっ!!ここは気合を入れ直してと・・・。
 鑑賞のDVDは、アメリカ文学界の狂犬、『ジェイムズ・エルロイ』の原作を、これまたハリウッドの鬼才『ブライアン・デ・パルマ』が監督した話題作『ブラックダリア』。ダークでデモニッシュなクライム・サスペンスであります。

 舞台となるのは、1947年のロサンゼルス。ダウンタウンの空き地で、口を耳元まで切り裂かれ、身体を腰で切断された上に内臓を抜き取られた女性の惨殺死体がみつかった。この世界一有名な無名女優の死体を巡る二人の男と一人の女の物語。だが、エルロイの原作は並大抵のお話には留まらない。運命のカーブを切るたびに、次々と露になる暗い現実。やがて若き二人の刑事達の運命をも狂わせていくことになる・・・。 。FC2 Blog Ranking

20070819110646.jpg 20070819110709.jpg


 40年代のロサンゼルスで実際に起こった迷宮入りの事件に、自らの少年時代の記憶も反映させて書いた『ジェイムズ・エルロイ』の傑作小説のテーマは、それ自体があまりに鮮烈であり、映画化された途端、それが映像のマジシャン『デパルマ』監督の手によるものであっても、やはり物足りなさを感じてしまう。そして残念なのは、豪華ではあるが、そのキャスティングにブレがあることだろう。『ジョシュ・ハートネット』や『スカーレット・ヨハンソン』の美男美女はよいのだが、役柄とのマッチングが足りない。ましてアカデミーの栄冠に2度輝く『ヒラリー・スワンク』が勿体無いのだ。  ブログランキング
 丹念に作りこまれた40年代の美術やロケセット。見事な時代考証のリアリティに、キャラクター達の微妙に違和感を感じてしまう。警官バッキーを演じる『ジョシュ・ハートネット』の甘いマスクが、事件の悲惨さや役柄の貧しく悲しい生い立ちを感じさせず、背負った悲しみも伝わってこない。また、『スカーレット・ヨハンソン』は、ブラックダリアを演じるべきではなかったかと思うのだが・・・。

20070819110851.jpg 20070819110911.jpg


 そして、幾つかの伏線を用意しながらも何処と無くぎこちない脚本が、この物語の悲劇性とリアリティをスポイルしてしまっている。欲張りすぎた為に、複雑で悲しい個々の人間を描ききれていないように思われる。特に大富豪の娘マデリン(ヒラリー・スワンク)と、彼女を取り巻く暗くて悲しい家族のディテールを描けていないことが、ブラックダリアの死体以上に悲しく寂しいものになっていると感じた。

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。