ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『メル・ギブソン』逮捕!これぞ受難(パッション)
パッション パッション
ジム・カヴィーゼル (2004/12/23)
東宝

この商品の詳細を見る


『メル・ギブソン』と聞いて、「マッド・マックス」が浮かぶあなたは、更年期障害にご注意。「飲酒運転で逮捕」と思う人は地獄耳。『パッション』の監督と答えた君は、映画通だ!  人気blogランキングへ ← よろしくね。

単なるアクションスターを遥かに超越した感のある『メル・ギブソン』だか、多くの勇気ある試行錯誤をしていると感じる。そして、『ブレイブ・ハート』を経てこの映画『パッション』にたどり着いたのだと思う。この映画は、彼が構想12年、私財を製作費に投げ打って「イエス・キリスト」の最後の12時間を、できる限り史実に忠実に描いた渾身の作品である。 ブログ村 映画ブログ

ストーリーは、神を冒涜した罪で捕らえられた「イエス」が、ローマ帝国の総督ピラトのもとに連行され、十字架の刑を宣告される。イエスは拷問を受けた末に、十字架を背負ってゴルゴダの丘へと向かうが・・・。紀元1世紀のパレスチナを再現するため、全編が当時の言語(アラム語とユダヤ語)で展開される。さまざまな器具を使った拷問シーンや、手足に釘を刺す十字架への張り付けは、目を覆いたくなるほどの生々しさだが、イエス役の『ジム・カヴィーゼル』は、悲しみと許しを称える最高の演技を見せる。敬虔なカトリック信者である監督「ギブソン」のタフに計算された演出力も見物だ。

宗教をテーマにした映画だけに、バッシングも多いと聞く。また今回のギブソンは、逮捕の際にある言葉を叫んだとも言う。彼が原罪を背負った贖罪の山羊となるのか、もう一度この映画を見直して確かめてみたい。   人気blogランキングへ ← よろしくね。

バイ・デザイン

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




うーん、難しいですね。
思想や宗教は、人それぞれ。
このブログでは、政治や宗教に
コメントしないようにと
思っております。
よしなに。
【2006/08/25 06:05】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
キリスト教も原理主義時代に入りました。ブッシュがその代表ですが、韓国、アラブ何処もかしこも原理主義、これはいい傾向ではありません。この映画からもその臭いを感じるといったらお怒りになるでしょうか
【2006/08/25 01:46】 URL | 詩音魔 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。