ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


物思う秋、人生のルールについて考えようか。

サイダーハウス・ルール DTS特別版 サイダーハウス・ルール DTS特別版
トビー・マグワイア (2000/12/22)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


日差しはまだまだ厳しいとは言え、吹く風に秋の足音を感じる今日この頃。

チョッと感傷的なあなたに、達也からオススメの映画をご紹介。

アメリカの星『ジョン・アーヴィング』の同名小説を、『ギルバート・グレイプ』

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』の『ラッセ・ハルストレム』監督が

映画化したヒューマン・ドラマの秀作。一人の孤児の青年の成長を通じて

「生きることのルール」をメッセージしている。 ブログランキング

原作・脚本は、達也の大好きな『ジョン・アーヴィング』だか、かつて映画化された

『ガープの世界』、『ホテル・ニューハンプシャー』は、かなり難解な映画になっていた。

しかしこの『サイダーハウス・ルール』は、アーヴィング自らが脚本を書いただけあり、

メッセージが映画からストレートに伝わってくる。

物語の主人公は、アメリカ北東部のメイン州の孤児院で育った青年

『ホーマー/トビー・マグワイア』。

彼は、院長の『ラーチ/マイケル・ケイン』医師を父のように慕い尊敬しながらも、

禁止されている堕胎に賛同できないでいた。  FC2 Blog Ranking

そしてある日、ホーマーは手術に訪れた若い美女『キャンディ/シャーリーズ・セロン

とその恋人の軍人ウォリーと出会う。彼らによって違う世界への憧れを抱いた

ホーマーは、一人孤児院を去ることを決意するのだった・・・。

やがてウォーリーの紹介でリンゴ園で働くことになるが、そこで彼は、

さまざまな人生の喜びや哀しみを体験することになる。

「孤児」「堕胎」「戦争」「近親相姦」と、アーヴィングが扱うテーマはかなりヘビー。

しかし、人が生きる上で避けて通れないテーマを、傾き、時には回り道しながらも、

真っ直ぐに歩くことの大切さ。

つまらないサイダーハウス・ルールなんかに縛られずに、強くしたたかに、

それぞれが精一杯生きる事の大切さを伝えている。

院長ラーチ役のイギリスの名優『マイケル・ケイン』が、そんなあるべき「ルール」を、

生き方の見本として演じ、アカデミー賞助演男優賞を受賞している。

作品全編に漂う穏やかであたたかい雰囲気と透明な音楽。そしてメイン州の

の豊かな自然が、心を柔らかくしてくれる。

そして、単なるモラルやルールでは割り切れないことが世の中にはたくさんあることを、

そっと優しく教えてくれる。そんな映画であります。

人気blogランキングへ ←よろしければ

このレビューを、『メーンの王子達と、ニューイングランドの王達』に捧ぐ。


にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:今日見たDVD - ジャンル:映画




甘党さん、いらっしゃい。
ホントにいいトーンの映画です。
ハリウッド・ビジネスバリバリの
映画が多い中、柔らかい空気の
いい感じです。
キャスティングも、良かったですね。
特にトビーくんとマイケル・ケイン
に尽きる。
【2006/09/12 14:16】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
TBありがとうございました!
ジョン・アーヴィングの小説を読んでみたくなりました。
個人的には、りんご農場で働く人達が、屋根の上から出棺を見送るシーンが好きです。
いいですよね。この映画。
【2006/09/12 11:40】 URL | 甘党 #-[ 編集]
sattyさん、いらっしゃいませ。
ジョンアービングのメッセージには、
いつも決まった彼の思いがあります。
アメリカと言う国で、彼のような
作家が支持されているのは、
注目すべきことだと思います。
そこへいくと日本はチョッとね。
【2006/09/10 16:17】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
決められたルールが全てじゃない、たくさんのメッセージが込められた作品だったと思います。
じっくりと味わいたい映画ですね
【2006/09/10 14:47】 URL | satty #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


327本目堕胎を専門とするラーチ医師は「堕胎されはしなかったが望まれなかった」多くの子供達を養っていた。そのうちの一人、ホーマーはラーチ医師に愛情深く育てられ、堕胎手術などの知識も与えられていたが、孤児院以外 映画をかたっぱしから見てみる【2006/09/10 15:12】
メイン州ニュー・イングランドホーマー・ウェルズはセント・クラウスの孤児院で生まれ育ったラーチ院長の「人の役に立つ存在になれ」という言い付けを守りつづけて成長した彼は、院長の仕事、助産と当時禁止されていた堕胎を手伝うようになる成長するにつれ自分の未来に疑問 sattyの癒しのトビラ【2006/09/10 14:38】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。