ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


分かっていても、認めたくない事実もある。

アザーズ アザーズ
ニコール・キッドマン (2006/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


最近すっかり『ニコール・キッドマン』好いてる達也です。

美貌と知性に演技力まで加えた彼女の代表作の一つともいえる作品が、

今回ご紹介する『アザース』。  FC2 Blog Ranking

この映画、ネタバレに注意度100%!の映画なので、レビューが結構難しいです。

ほとんどが古い屋敷の中と数人の出演者だけで最後までスリリングに観客を

引き付けるのは、監督『アレハンドロ・アメナーバル』の力量もさることながら、

やはり『ニコール・キッドマン』の演技力に負うものと言えるだろう。

そして、シックスセンスにも通じるサスペンス・ゴシックホラーの

新しいジャンルの映画であり、多くのメッセージを発している。

ホラーやスプラッタモノが嫌いな達也も納得の仕上がりと、

太鼓判を押したい一本なのです。  ブログランキング
 
さて、舞台は1945年。イギリス・チャネル諸島の霧の立ちこめるジャージー島。

そこの古い屋敷には、戦地に行った夫の帰りを待つ『グレース/ニコール・キッドマン』

が子供達2人と暮らしていた。

幼い娘『アン/アラキナ・マン』と息子の『ニコラス/ジェームズ・ベントレー』は、

陽の光を浴びると発病するアレルギー性の病であり、子供達を愛するグレースは、

過保護なまでに心配し、特に不思議なことを口走る娘のアンをきつく叱るのだった。

そして、出て行った使用人達の後任を募集していた矢先、3人の使用人が

屋敷にやって来る事から物語りは動き始める。

光アレルギーによるカーテンと鎧戸を閉めた暮らし。夫は既に戦死して

いるかも知れない予感。娘が屋敷にいると言う何者か。この不吉な設定と、

深い霧に包まれた19世紀の古びた屋敷が恐怖を増幅させ、ラストの

悲しく切ない結末への伏線として繋がって行く。

アザーズ(他の何者か)に怯えるキッドマンの演技が、主人公グレースの緊張感を

上手く表現し、まさにアカデミー賞に相応しい芝居を見せてくれる。

ちなみにプロデュースは元夫の『トム・クルーズ』。

主人公の名前がグレースであることは、あの『グレース・ケリー』と『ヒッチコック』

へのオマージュと見た。
人気blogランキングへ ←よろしければ。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




れいんさん、コメアリガトウビザいます。
DISCASで3回観ました。
日本語訳は、ニコールの声がチョッとなのですが、
字幕を追わなくてよいので、
ストーリーをもう一度じっくり
追う事ができました。
グレースは、夫の戦死を知って、
子供達を発作的に殺し、自殺したのでは・・・。
そんなことが読み取れたのですが、
如何ですか。
【2006/09/17 15:42】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
先日は私のつたない記事にコメント残してくださってありがとうございます!
うちの調子がおかしくてTBできなかったみたいで申し訳ありませんでした。

こういう雰囲気の作品はとても好きです。哀しさが含まれているともうそれだけでポイント高くなったりします^^;

DISCASレンタルはじっくりと繰り返し観たい派には本当にいいシステムですよね☆
私も最近はDISCAS一辺倒です。
【2006/09/17 13:04】 URL | れいん #-[ 編集]
アザーズって、結構残る映画です。
いままた、アザース・アフターが
観たい気分になっております。
きっとそんな人、多いと思いますよ。
【2006/09/14 23:39】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
映画って殆ど、悲劇で終わりますね。ハッピー・エンドだとお話にならないっていう感じですね。観客に何かもやもやした気持ちを抱かせるのが演出の上手さというんでしょうかね。うわ~醒めた見方ですいません・・・トラックバック返しさせて頂きます(笑)。
【2006/09/14 23:25】 URL | トム #-[ 編集]
耕作 さん、Good morning!
ほんと、切なくなる映画です。
グレースの子供達や夫への愛情が、
ラストの衝撃を加速させ、
観るも者の感情を揺さぶる。
アレハンドロ・アメナーバル監督
の手腕は、実に見事。
ニコールの演技も秀逸ですよん。
【2006/09/12 08:54】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
TB&コメントさんくすです。
この作品はホラーというより、母親の切ない愛情が溢れていて大好きです。
ゴシック的な世界観も素敵ですね。
【2006/09/12 06:07】 URL | 耕作 #-[ 編集]
mig さん、ようこそ。
うんうん、
『アレハンドロ・アメナーバル』監督は、弱冠31才にして、この手腕。
すごいっす!!
ほんと、次回作品に期待しましょう。
【2006/09/11 13:31】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは☆いつもTB&コメントありがとうございます♪

アレハンドロアメナーバル監督の演出の手腕にいつも圧倒されます。
この監督ならではのこの雰囲気。。。。

次回作も楽しみです♪
【2006/09/11 09:05】 URL | mig #Dd174Wxo[ 編集]
菩提樹さん、コメありがとうです。
また、日本語音声で観直しました。
ラスト付近で総てが明らかになる
降霊会のシーンから、
とても切なくなってしまいました。
メイキング付のDVDが欲しいです。
【2006/09/10 20:19】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
初めまして、コメントTBありがとうございました。

この作品とても悲しい物語りでしたね、最初ニコール
のホラーと聞いてどうなるんだろうと思ってた
んですけど、怖いホラーではなくドラマせい豊かな
悲しいホラーだったのでなるほどと思いました。
途中である程度よそくできちゃうだけに
ラストはそっとしておいてほしいと思いましたが
悟っちゃったんですね・・・
【2006/09/10 19:45】 URL | 菩提樹 #VFvknLFA[ 編集]
ささやんコメありがとです。
ほんと、この映画3回は観たいです。
DISCASレンタルなので、
延滞撮られないから、
また今夜、日本語吹き替えで観ます。
新しい発見が、あるかもです。
【2006/09/10 13:27】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
タツヤさん、コメ&トラバありがとうございました。

この映画、ホントに良くできてます。5~6回は見てるかと。見るたびに、「あぁ、こう言ってたのか」とか新たな発見(!?)があります。友達が遊びに来ると必ず見せるんですが、みんなハマって帰ります(^_^)。
ほんと、ネタばれ注意な作品ですよね。
※シックスセンスはまだ見てません。
【2006/09/10 13:09】 URL | ささやん #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


アザーズニコール・キッドマン (2006/07/19)ポニーキャニオンこの商品の詳細を見る1945年のイギリス。大きな古い屋敷に暮らす母グレースと2人の子供たち。子供たちは極度の光アレルギーのため、彼等が通る場所は必ずカー Cinema Galleria【2006/09/17 12:56】
製作年度 2001年 製作国 アメリカ/スペイン/フランス 上映時間 104分 監督 アレハンドロ・アメナーバル 製作総指揮 トム・クルーズ 、リック・シュウォーツ 、ポーラ・ワグナー 脚本 アレハンドロ・アメナーバル 音楽 アレハンドロ・アメナーバル 出演 ニ.... タクシードライバー耕作のDVD映画日誌【2006/09/12 06:07】
■美女:ニコール・キッドマン■評価:☆☆☆☆■ベスト・シーン:ラストにお茶を飲まないか問われるシーン■内容:幽霊屋敷■印象:トム・クルーズと結婚していた際の作品ということもあり、子供の母親役を楽しんで演技しているようだ。私生活におけるうっぷんをはらしてい スクリーンの美男美女2【2006/09/11 19:28】
夏はやっぱりホラー!なのに全然最近涼しくなれるようなホラーが出てこない~{/face_acha/}というわけで、今日はお気に入り監督のひとりアレハンドロ・アメナーバル監督作品3作目、「アザーズ」を紹介☆劇場でも2回観た後DVDでも観て先日やっと購入♪1年以上ぶりに観なお 我想一個人映画美的女人blog【2006/09/11 09:02】
アザーズアーチスト: ニコール・キッドマン価格: ¥ 2,625発売日: 2006/07/19売上ランキング: 2768おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/27 イギリスの島にある大邸宅。そこに3人の使用人が雇われる。 雇い主は神経質な妻、夫は戦争に行ってしまい、二人の子 映画を観る女。改訂版【2006/09/11 02:24】
制作年 2001年 上映メディア 劇場公開 制作国 アメリカ 上映時間 104分 監督 アレハンドロ・アメナバール 主演 ニコール・キッドマン ★★★★☆1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニ B級な日々【2006/09/10 19:42】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。