ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンスターを生み出す、モンスターな社会。


モンスター プレミアム・エディション モンスター プレミアム・エディション
シャーリーズ・セロン (2005/05/28)
松竹

この商品の詳細を見る


うぐぅむぎゅえー!! あのキュートなC.セロンちゃんがぁぁ…。

達也お気に入りのC.セロン主演『モンスター』を、ついに観ました。

あまりのモンスターな変身振りが話題先行していた、実在の女性連続殺人犯を

描いた映画『モンスター』ですが、そのへヴィなテーマと、

彼女の不気味な変貌振りに観るのを躊躇していた

臆病者の達也でございます。   FC2 Blog Ranking

C.セロンには、『ディアボロス』の頃から注目し、応援していた達也ですが、

正直、美貌を競う先輩のニコールと比べて、演技の幅と深さでリード

されておりました。しかし、このモンスターの主役「アイリーン」で、

見事アカデミー主演女優賞をゲット。名実ともに、世界をリードする

トップ女優となった訳です。しかし、注目すべきは、なぜ彼女が、

商業映画が初めての女流監督「パティ・ジェンキンス」のこのオファー

を受け、女性殺人犯の役柄を<選択>したのかと言うこと。

トップスターと競演し、それなりの成功を収めていたものの、セロンの

中の何かが現状に物足りなさを感じさせていたのだろうか・・・。

そういえば彼女自身、母がアル中でDVの実父を猟銃で射殺するという

深いトラウマとなる過去を背負っている。むべ無きかな・・・。

さて、肝心の映画だが、肉親の愛を受けずに13歳の頃から体を売って

生活するしか道がなかった『アイリーン/C.セロン』は、

人生に絶望し、最後の5ドルを使ったら自殺しようとを考えていた。

そんな時、少女『セルビー/クリスティーナ・リッチ』と出会う。

両親から強制的に同性愛の治療をさせられていた彼女とアイリーンは、

やがて一緒に暮らすようになる。二人が初めて心を通わせるせる

ローラー・スケート場のシーンでジャーニーのDon't Stop Believinが流れるが、

このシーンがとっても象徴的に思えた・・・。  ブログランキング

だが、アイリーンは、セルビーとの生活を続けるために、再び売春を

するしか<選択>は無かった。そしてアイリーンは、ある客に殺されそうに

なり、身を守るためにその男を殺し、金を奪うことになる。

そして彼女は、『セルビー』のために殺人を繰り返していくのだった。

モンスターと呼ばれた、アメリカ初の連続殺人鬼「アイリーン・ウォーノス」を

モデルとした実話の映画化である。

『シャーリーズ.セロン』は、アイリーンに成り切る為に体重を13キロ増量し、

特殊メイクで顔も激変させてアイリーンを熱演。

太り方も、指の太さやヌードになった時のだらしない脂肪のつき方まで計算されている。

しかし、特筆すべきはその演技だ。実在のアイリーンを取材し、態度や

しゃべり方、髪を後ろにおくるポーズなど、怖いくらいの演技で、

女優魂を見せ付けてくれる。

達也が映画好き爺さんになっても、セロン婆さんの映画を観るからね!

また、同性愛の少女セルビーを演じるクリスティーナ・リッチの

演技も凄い。特殊メイク無しの目と口元の表情で、チョッと小ズルイ

セルビーの役を見事に演じていると思ったら、『アダムスファミリー』

の娘役じゃないですか。やっぱ彼女もモンスターだ。

最後になったが、セルビーの叔母が彼女に言う「売春婦や黒人は、

何時も選択を誤まるのよ」という台詞と、

アイリーンの「私には選択の余地さえ無かった」と言う台詞が、

この『モンスター』と言う映画の中で、観覧車の対極のゴンドラの様に

位置づけられて、回り続けている気がする。
人気blogランキングへ ←よろしければ。



にほんブログ村 映画ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画




ここさん、いらっしゃい。
モンスター、ほんと凄い映画でした。
セルDVDが欲しいです。
アイリーンのドキュメンタリーも
見てみたいし、女性監督にも興味が
あるし。メイキング、是非観たいし。
やはり買うしかないか・・・。
【2006/09/24 15:37】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちはw
私も観ました。モンスター。
シャーリーズセロンの変貌ぶりに驚きながら最後まで凝視しました。
すごいなぁ~。
【2006/09/24 14:23】 URL | ここ #-[ 編集]
ピコシアタさん、
アイリーンが最後にあの老人と出合ったのは、
良かったのだと思います。
お爺さんは、可愛そうですが。
あのまま生きても、
罪を重ねるだけ。
裁かれることで、何かを
見つけ、取り戻したのだと、
達也は思いたいです。
【2006/09/21 11:05】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
今、ギャオで鑑賞できますので、もう一度見たいと思っている作品です。

個人的に「愛は盲目」という意見に酷く共感を覚える為、この作品の絶妙な描き方には感服しました。
殺人は犯罪云々を言わないのであれば、私は延々と殺人強盗を繰り返し、そんな己に後悔することなく気楽な逃亡生活を送れればよかったのに、と思います。
偶然であった老人が善人でなければ、また老人の言葉に心動かされなければアイリーンは(その意味で)幸せであったろうにと思うのです。
【2006/09/21 00:22】 URL | ピコシアタ #XAjl2.RA[ 編集]
マイコさん、いらっしゃい。
アイリーンは、チョッとビミヨー
ですねぇ。
『モンスター』のプレミアム・エディションのDVDに
収められている、彼女のドキュメンタリーも
観て判断したい感じです。
セロンがプロデューサーを引き受けて
作った力作のようです。
素顔のリーを知ることが出来る
かも・・・。
【2006/09/21 00:16】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
まるさん、いらっしゃい。
C.セロンは、達也のオキニなのですが、
デビューしてこんなに大きく変身する
女優も珍しいです。
これからが楽しみですね。
【2006/09/21 00:13】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
はじめまして、こんばんは★
トラックバック&コメントありがとうございました。

シャーリーズ・セロンの体を張った演技に、ただただビックリでした。
今までのキレイなお姉さんなイメージが一新されましたね。

こういう大人になりきれてない大人って多い気がします。
うまくいかないのは社会のせいなんだ・・・と逃げて生きてる。

確かに、アイリーンの育った環境は酷かったとは思いますが、同じ状況下で育った人でも、ちゃんとまっとうに生きてる人だっているんですから、同情は出来ませんよね。

トラックバック返しは後ほど必ず!!
気長にお待ちくださいね。

ではでは、またよろしくお願いします。
【2006/09/20 22:05】 URL | マイコ #-[ 編集]
まると申します。
コメントありがとうございました!

「モンスター」は、C・セロンが好きで観た映画ですが、すごい心に残るものでした。憎みきれない殺人犯、アイリーンの心情が見事に表された演技だったと思います。
【2006/09/20 13:42】 URL | まる #-[ 編集]
緋炎さん、いらっしゃい。
C.セロンは全身で、クリスティーナ・リッチは目と口元で演じてましたよね。
二人のモンスターから、
目が離せませんなぁ。
次の作品が楽しみです。

何時でもお気軽に、お越しやすぅ。
【2006/09/20 00:09】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
コメント、ありがとうございました!
TBさせて頂きます^^

「モンスター」、本当に怪物のような映画でした。
セロンには恐れ入ります!ただただ驚くばかりです。
あんなに凄い演技をするなんて……。
ハリウッドで演技力№1なのではないでしょうか。
クリスティーナ・リッチも良かったですね!

また覗かせて頂きます!
【2006/09/19 20:56】 URL | 緋炎 #-[ 編集]
mokeさん、いらっしゃいな。
シャーリーズの演技、実に見事。
トム・ハンクスやデニーロも体重
調整しますが、女優がここまでやる
とは、恐れ入りました。
しかも、細かい点までパーフェクトに演じておりますやん。
本格派としてのC.セロンの選択に
大賛成の達也です。
トラバできるようになったら、また教えてくださいな。
【2006/09/18 16:56】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
gomaさん、お褒め頂き光栄です。
C.セロン主演のこの映画、
なんだか観るのが恐くて、
精神力の充実してる時にと、
放置していたのです。実は!
でも、今観て良かったと思えます。
また、遊びに行きますね。宜しく。
【2006/09/18 16:52】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
達也さん初めまして。
ura_mocoのmokeと申します。
Blogにコメント頂き、TBまで頂いてありがとうございました┏○ペコ
先にお詫びを。実はうちのBlog・・
雑記などたわいない事ばかりエントリーしているので、TBは来ないだろう&スパム対策も兼ねて、TB機能外しちゃってて、せっかくTB頂いたのですが、表示されない様になってしまってます(泪
TB頂けるとは思ってなかったものでほんとすいません┏○ペコ
この機会にちょっと機能戻すかも・・(苦笑)

mokeもシャーリーズセロンのファンで出ている映画はほとんど観てますが、今回のモンスターでのシャーリーズを見て達也さんが言われた通り(出演)選択したのが頷けた気持ちでいまつ。ホント凄かった。
また惚れ直しちゃたですぅ。

罪を犯した事はやっぱり避けられないけどこのアイリーンの今まで歩んで来た道のりが映画ではかなり深くmokeの心に刺さりました。

また寄らせて頂きます。TBありがとうございました┏○ペコリ
【2006/09/18 15:18】 URL | moke #9L.cY0cg[ 編集]
どうもTBサンクスです。
うーむ、いいこと言いますね。

”「売春婦や黒人は、 何時も選択を誤まるのよ」という台詞と、 アイリーンの「私には選択の余地さえ無かた」と言う台詞が、 この『モンスター』と言う映画の中で、観覧車の対極のゴンドラの様に 位置づけられて、回り続けている気がする”

私もここらのセリフがとても印象的でした。選択の余地のある側にいる人間と、そんな余裕などない側にいる人間の対比がなんか切なかった。

人間平等とか言いますが、結局は”初期条件の違い”がその後の人生に大きく尾を引いてしまいますよね・・。
そう思うとC.セロンってすごくアメリカンドリームの人だと思うね。
ではまた~。
【2006/09/18 14:21】 URL | goma #o6YcK6/Q[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


全米が震撼した、アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯で死刑執行となった女性「アイリーン」の真実に迫るサスペンスドラマ「モンスター」をパッケージ化。 DVDジャンル別リアルタイム価格情報【2006/10/10 19:43】
なぜ、愛を知ってしまったんだろう…お薦め度: ★★★★☆. 「アイリーンは救われたのか?そうではないのか?」ととても判断に悩む作品です。「愛の行為」にここまでダメだしをした作品は珍しいと思いま PICO*THEATRE【2006/09/20 23:06】
ネットにて見ました。(公式サイトはこちら。)昨日CSで見た「ライフ・イズ・コメディ~」といい、セロンばっかりですね~(笑この映画、美人女優シャーリーズ・セロンが限りなく醜く変身したとして話題を呼びましたが……凄かった!最初、セロンとは思えなかったです。。。 Antique【2006/09/19 20:51】
今日の深夜は、録り間違えしていたりして見れなかった楽しみにしていた映画をようやく観る事ができる「モンスター」 (2003) アメリカ/ドイツである。あのかわいくって美人で、よくLuxのCMにも出ているシャーリーズ・セロンが、女優魂満載の映画。アカデミー賞で主演 RQQM【2006/09/19 12:27】
モンスター 通常版パティ・ジェンキンス シャーリーズ・セロン クリスティーナ・リッチ 松竹 2005-05-28売り上げランキング : 19439おすすめ平均 男性不信だからこそ最後あまりにも哀しいAmazonで詳しく見るby G-Tools昨日映画でも見るか~って思ってスカパー!とかダラダ ura_moco【2006/09/18 15:06】
私的オススメ度:8P前から見たかったモンスター。実話物には弱いんですよねぇ。【STORY】娼婦アイリーン(シャーリーズ・セロン)はある日、酒場でセルビー(クリスティーナ・リッチ)という少女と出会い、お互いに愛を感じる。再会することを約束するがセ... OL映画でいやし生活【2006/09/18 14:10】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。