ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青春は、爆発だ!

69 sixty nine 69 sixty nine
妻夫木聡 (2004/12/21)
東映
この商品の詳細を見る


村上龍の小説が結構好きな、達也です。

村上龍の自伝的小説『69 sixty nine』を、宮藤官九郎の脚本、

『フラガール』の李 相日監督が撮った青春グラフティが、この映画。

主人公のケンを『妻夫木聡』、親友のアマダを『安藤政信』が演じ、

「柴田恭平」や「島田久作」、そして「岸辺一徳」が脇を固めている。

今回この映画を観直そうと思ったのは、何と言っても監督の『李相日』にある。

1日に「フラガール」を観て以来、李監督と蒼井優が気になってしかた

ない達也であります。その、フラガシリーズ第一弾として観た訳ですが

かなり楽しめた映画です。 FC2 Blog Ranking

オープニングのサイケなアニメーションも面白く、やっぱいいセンスしてます、李監督。

妻夫木君も何時になく生き生きと存在感のあるケンを演じて新鮮です。

監督があえてイメージと違う彼を起用し、抑えた演技ではなく、あえて

弾けたオーバー気味の演出を付けたらしいが、十二分に演じているのは

彼の役者としてのセンスなのだろう。

物語の舞台は、エンタープライズ入港や安保で揺れていた1969年の佐世保。

高校3年生のケンは、勉強や政治よりも、憧れのマドンナやロックに夢中

で、「退屈なやつらに、俺達の笑い声ば、聞かせてやるったい」と、

友人のアダマやイワセらを巻き込んで、学校のバリケード封鎖や

ロックフェスティバルを企画するのだった・・・。 ブログランキング

全編に60年代のトーンが溢れ、お父さん世代には懐かしい物ばかり。

11PMのテーマ「シャバダバダバダバ~♪」が流れ、平凡パンチや、

タイガース、奥村チヨと、当時の風俗がテンコ盛り。

「サイモンば、ガーファンクル」や、「指紋のなか中村君」など、

笑いのエッセンスも盛り沢山。

お馬鹿なトーンで突っ走る青春を、小気味いいタッチで描いているが、

ケン(村上龍)の父を演じる柴田恭平が、学校をバリ封鎖して停学になっ

た息子に「愛しとる息子ば、何で殴れっとね」というシーンが好きだ。

美術教師のそんな父があればこそ、破天荒な青春を送った村上氏も、

ジャンキーにならずに、作家として大成したのかも・・・。

ま、ともかく、李監督・妻夫木君・村上龍・宮藤官と、楽しみが一杯に

つまったビックリ箱の様な映画でありました。
人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



スポンサーサイト




をかもとさん、いい情報を
アリガトウです。
「亀は意外と速く泳ぐ」って、
面白そうですね。おまけに、
上野樹里もでてるなら、必見です。
また、いい情報があれば、
よろしくお願いいたします。
【2006/10/11 07:49】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
蒼井優が気になっているんだったら「亀は意外と速く泳ぐ」と「MASK DE 41」もオススメですよ。
「亀は~」は上野樹里と蒼井優のほのぼのコメディ、「MASK DE 41」は田口トモロヲがプロレスラーを目指すリストラ親父を怪演していて、蒼井優はその娘役で出ています。
【2006/10/10 21:07】 URL | をかもと #-[ 編集]
ガラリーナさん、まったく同感です。
69の中でも8mm回してますが、
村上龍は、映画監督の才能はペケです。
作家としての才能は凄いのに。
特に、「愛と幻想のファシズム」や
「五分後の世界」、「半島を出よ」は、是非勇気ある監督に撮って欲しいものです。
【2006/10/10 18:18】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
sakotinnさん、やっぱ柴田恭平ですよね。
いやー、はにかんだ様な親父役、
彼にしか出来んです、ハイ。
岸辺氏がちょっと抑え気味だったので、
島田久作も良かったと思います。
【2006/10/10 18:14】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんちは。Tbありがとう。
わたしもTbしましたよ。
同じシーンに感動してて、なんかうれしいです。
【2006/10/10 15:31】 URL | sakotinn #-[ 編集]
村上龍の小説はすばらしいのに、自分で監督すると駄作になってしまうので、人に任せた方がいい!と常々主張してきた甲斐がありました(笑)。60年代のカルチャーって今見るとすごいカッコイイですよね。画面もすごくポップに作ってあって楽しかったです。妻夫木君はすごく好演してたと思います。私もTBさせて頂きます!
【2006/10/10 13:47】 URL | ガラリーナ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


1969年の長崎県・佐世保。高校3年生のケンは、憧れの学園のマドンナに近づきたいがために、ロックコンサートや映画、演劇を総合したフェスティバルを開くことを決意。友人のアダマやイワセらを巻き込んでいく。だがそのいきかがり上で、高校の全共闘の面々と共に高校のバ 1-kakaku.com【2006/11/13 05:45】
69 sixty nine 出演:妻夫木聡,安藤政信,金井勇太,太田莉菜,井川遥,柴田恭平,嶋田久作  監督:李相日 「楽しく生きたモン勝ちったい。退屈な奴らに俺たちの笑い声ば聞かせてやるったい!」舞台は1969年の佐世保。ケン(妻夫木聡)がレディー・ジェーン(太.... 独断と偏見の何でもレビュー【2006/10/10 21:07】
DVDで見たとっ散らかった部屋でひとり見た本当は先週借りてた今日返却せなならんから急いで見た朝7時から1969年の青春2006年の青春とは違って派手で原色があふれてたなんか生き急いでいる感じがした。工藤官九朗脚本村上龍原作妻夫木も、安藤政信もかっちょいいかったけど、 sakoblog*【2006/10/10 15:32】
2004年/日本 監督/李相日「パッチギ」の時に、主人公の康介がなぜそれほどまでに「イムジン河」に入れ込むのか伝わらなかった、と書いた。が、しかしこれは少々違うのかも知れない。それはその世代なら当然わかってしかるべき共通認識かも知れないからだ。だから、彼がこ シネ・ガラリーナ【2006/10/10 13:48】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。