ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アリスのバレエシーンは、伝説になる。

花とアリス 特別版 花とアリス 特別版
鈴木杏 (2004/10/08)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


『フラガール』を観て以来、蒼井 優が気になって仕方ない達也です。

情熱大陸で『岩井俊二』監督が、計りきれない天才と賞賛していたが、

この映画『花とアリス』を観て、決定的にその凄さを見せ付けられた。

蒼井 優演じる『アリス』は、幼馴染の『花/鈴木杏』とバレエを習う高校生だ。

映画は、岩井トーンの美しい四季の映像と叙情的なピアノ曲に乗せて、

ゆっくりと二人の恋を物語っていく。  FC2 Blog Ranking

思春期の少女達の甘く幼く、そして時に残酷なまでのイノセンス。

二人の悪戯と本気の恋心に揺れ動く『宮本先輩/郭智博』は、翻弄され

ながらも『花』を選ぶ。淡々と描かれるる日常は、あまりにも鋭利な

感性の刃物で切り取られたために、まるで血が出ないかのようだ。

しかし、母子家庭に育つ「アリス」は別居している父との交流で、

少女の面影を覗かせ、「花」はアリスに不器用に友情を求める。

桜、陽光、降りしきる雨。初恋、デート、海辺のトランプ。

限りなく甘く切ない少女達の世界を、ティースプーンに乗せた砂糖菓子を

紅茶にゆっくりと溶かす様な映像に、目を奪われる。

しかし、愁眉はラストのオーディションで魅せる、アリスのバレエに尽きる。

『ちゃんとで踊っていいですか・・・』アリスは、スタジオの窓から差す光を浴びながら、

紙コップをトゥシューズ代わりに足にガムテープで巻いて踊る。

20061029004157.jpg

ゆっくりとハイスピードのカメラが追っていく。  ブログランキング

その指先の神々しいまでの豊かな表現力には、圧倒される。

このシーンだけでも見るに値する映画だと、達也絶賛!!

伝説の域に達する見事なシーンと言える。

キットカットのCMからスピンアウトしたネット用ショート・ムービー

である4つの短編をベースに、長編作品としてリメイクされたこの『花とアリス』。

特別版DVDには、この映像も収録されている。

「大沢たかお」や「阿部寛」、「相田翔子」「広末良子」もカメオ出演しているが、

やはり蒼井優と鈴木杏に尽きる。あっ、バレエを写真展用に撮ったシーンも良かった。

きっと篠田昇がスチールも撮ってたんだろうなぁ・・・。


『花とアリス』写真館 『花とアリス』写真館
岩井 俊二 (2004/09/30)
扶桑社

この商品の詳細を見る


それにしても岩井監督、危ない位に良いシーンですやん。

あっ、もう一回観なきゃ!     人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




nishi さん、いらっしゃい。
いやぁー奇遇ですねえ。
達也も先日特別版をネットオークションで、ゲット!
明日届く予定です(@@)
観たいシーンはやっぱりラストの
アリスのバレエシーンですねぇ。
メイキングも今から楽しみです。
【2006/11/29 10:57】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
超遅いコメントで恐縮ですが・・・。
初めてレンタルで観たときの、「あぁこの作品を手放したくないなぁ」という思いから先日DVD(特別版)を買っちゃいました。
バレエのシーンもいいんですが、僕はアリスが浜辺で花からまーくんを奪おうとするシーンが一番好きですね。「冗談っでっすっよ」という言葉とおどけた仕草が微笑ましくもちょっと胸が締め付けられるように切ないというか・・・。
なんにせよ大好きな映画です。
コメント失礼しました。
【2006/11/29 09:46】 URL | nishi #H6RSI4P.[ 編集]
うえにしさん、いらっしゃい。
達也も昨日『ニナイカライからの手紙』を観ました。
やっぱり、良いです「蒼井優」。
うえにしさんと同じように、
「フラガール」「情熱大陸」以降、
憑かれたように蒼井作品を観たおります。
また、ここにレビューしますので、
ヨロシクです。
【2006/11/04 09:14】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
コメントありがとうございました。
蒼井優は存在感のある女優さんですよね。
「偶然にも最悪な少年」「ニライカナイからの手紙」「亀は意外と速く泳ぐ」そして「花とアリス」と出演作を観かじってますが、主演はもとより脇役でも(かえって脇役の方が)独特の存在感をみせてます。
「Dr.コトー診療所」も楽しみですね。
【2006/11/02 21:16】 URL | うえにし #-[ 編集]
manycolorsさん、ようこそ。
有栖川って苗字、素敵ですね。
達也はラストのバレエ以外では、
父親との話し、高校入学の初日、
マー君に嘘がばれた時のアリスの
シーンが好きですよ。
【2006/11/01 09:19】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
初めまして。
私のブログにコメント下さいましてありがとうございました。
「花とアリス」僕も凄く好きです。
自分も有栖川とかいう名字だったらかっこ良かったなと、暫く思っちゃいました。
だいぶ前に観たのかなり忘れてしまいましたが、映画冒頭の寒い朝、二人で電車に乗っていった先の駅で、花がホームから電車に乗って「これ乗るの?」って聞いたら、アリスが「乗らない」って言って花があわてて降りる所がなんか好きです。
鈴木杏さんとすごく合う^^
【2006/10/31 17:14】 URL | manycolors #hZOBf5p2[ 編集]
みかげさん、いらっしゃい。
『花とアリス』の蒼井優。
今までに見た彼女の作品の中で、
ダントツの出来です。
今後、良い作品、良い監督との出会いで、
もっと大きな花を咲かせてくれそうです。
【2006/10/31 08:18】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
コメント遅れて申し訳ありませんでした。
「花とアリス」は、ラブストーリーという面で敬遠していたのですが、やっぱり観て良かったと思いました。先輩との偽りの思い出話を父親との思い出に重ねて追いかけるシーン、そしてラストのバレエのシーンでは今まで何事にも自信のなかったアリスが初めて自己を表現した。役柄はもちろんですが、蒼井優という女優の才能、そして常に自己の表現力を追求する姿が如実に現れていると思いました。
【2006/10/31 00:55】 URL | みかげ #EA9BOhdQ[ 編集]
くまよめさん、ようこそ。
お褒め頂き、アリガトです。
『かもめ食堂』の舞台になった、
フィンランドの『スオミ』に行ってみたい
気分になっております。
まぁ、そんな暇も資金もありませんが・・・。
ブログは無料です。(笑)いつでも
遊びに来てくださいね。
【2006/10/30 14:55】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
中年ダイバーさん、いらっしゃいませ。
蒼井 優ちゃん、ホントに良いです。
嘘がばれた時に、鼻を押さえて謝る
シーンや、キットカットをまずそうに食べるシーンが印象的でした。
父とのシーンも男受けしております。
また、いらして下さいませ。
【2006/10/30 14:52】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは。前にかもめ食堂にTBしていただきました。ありがとうございました。そしてコメント遅くなってごめんなさい。今は子育て中なので、なかなか映画を楽しむ時間がないのですが、達也さんのブログ見てると興味深い作品がたんまりでレンタル行きたくなりました!参考にさせて下さいね♪
【2006/10/30 11:03】 URL | くまよめ #-[ 編集]
蒼井優、実に良いですね。
この作品も特に刺激のある内容じゃないのに、グイグイと惹き付けるものがあります。
雨の中の黒装束でのダンスも、ラストのバレエのシーンも印象的でしたが、個人的には父親との会話が心に残ります。
【2006/10/29 21:51】 URL | 中年ダイバー #-[ 編集]
あおいさん、ようこそ。
実は、さっきも観直してました(笑)
何度観ても、あのアラベスクのバレエシーンは、
感動モノです。
アリスの総ては、あのシーンの為に
あるような・・・。
『ちゃんと踊ってもいいですか・・・?』の
一言が素敵です。
【2006/10/29 14:27】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
trichopteraさん、いらっしゃい。
濃い有名人達のカメオ的な使い方は
確かに賛否ありますよね。
花とアリスの空気感とか世界観が
そこで一変してしまうかも知れませんし。
ただ、この映画は、それでも徹底した作り手のビジョンと、
演者である蒼井+鈴木の圧倒的存在感で、
最後までの2時間以上を引っ張っているのが凄いです。
【2006/10/29 14:23】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは。
TRありがとうございました☆
蒼井優のための映画のようでした。
あのラストのダンスシーンは、何度でも見たくなります。
大好きな作品です☆
【2006/10/29 12:44】 URL | あおい #z8LPLFJ2[ 編集]
蒼井優と鈴木杏よかったです。

というか他の人はショートフィルムのゲスト出演って感じだったんでしょうね。濃いゲストが次々出てくると、せっかくの透明な雰囲気が…と感じちゃいました…
でも踊りのシーン、雰囲気あっていいですよね。

TBありがとうございました。
【2006/10/29 09:53】 URL | trichoptera #9K64Lzaw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


鈴木杏鈴木 杏(すずき あん、1987年4月27日 - )は、東京都出身の女優である。フォスター_(芸能プロダクション)|フォスターに所属。血液型B出演映画*心霊2(1997年)*ヒマラヤ杉に降る雪(1999年)*ジュブナイル_(映画)|ジュブナイル(2000年)*リターナ みちこの部屋【2007/05/25 04:37】
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]             2004/03/13公開  切なさ [:失恋:][:失恋:]青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:]満足度[:星:][:星:][:星:][ アンディの日記 シネマ版【2007/05/10 00:30】
岩井俊二監督が、高校生たちの揺れ動く心情をリリカルで繊細なタッチでつづった青春ドラマ。ネットで配信した4つの短編が、長編作品として再構成された。あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、つき合い始める花と、彼女の親友アリス。3人の微妙な思いがもつれて 1-kakaku.com【2006/12/05 16:47】
『GO』の金城一紀の同名小説を原作に、記憶を無くすことを恐れる青年と、失われた妻の記憶を取り戻そうとする初老の男の旅を通して、それぞれの人生を見つめなおしていくヒューマン映画で、監督はテレビ出身でこれが映画デビューとなった西谷真一。動脈瘤に倒れるも、手術 1-kakaku.com【2006/11/24 04:45】
岩井俊二監督が、高校生たちの揺れ動く心情をリリカルで繊細なタッチでつづった青春ドラマ。ネットで配信した4つの短編が、長編作品として再構成された。あこがれの先輩を「記憶喪失」だと信じこませ、つき合い始める花と、彼女の親友アリス。3人の微妙な思いがもつれて 1-kakaku.com【2006/11/15 23:13】
2006/06/15号 岩井俊二監督。ショートフィルムでネット配信されていたものの劇場版。ハナとアリス、二人の少女の思春期の出来事。大沢たかお、広末涼子、伊藤歩などの豪華ゲスト出演。 揺れ動く少女の心を、鮮やかな色彩とラフな演出で作品にしている。ときどき出.... Movie heart beat【2006/11/03 21:25】
幼なじみの中学生、ハナとアリス。 ハナは自由奔放なアリスにいつも振り回されている。ハナの初恋もアリスの突然の一目惚れ宣言に付き合ううちにやってきた。嫌がるハナを連れて、一目惚れした高校生を尾行しようとするア Cinematheque【2006/10/29 17:40】
岩井俊二監督作品「花とアリス」花とアリスというふたりの高校生の揺れ動くココロを描いた映像作品。青い海や、森の緑色、雪の白、といった自然の描写が本当に美しく、ふたりの繊細でどこかあやういバランスの表現をひき立 海の色、空の色。【2006/10/29 12:41】
花とアリス製作年度 2004年 製作国 日本 上映時間 135分 監督 岩井俊二 脚本 岩井俊二 音楽 岩井俊二 出演 鈴木杏 、蒼井優 、郭智博 、相田翔子 、阿部寛 幼馴染の花とアリスの青春ラブストーリー友人 とりあえず生態学+【2006/10/29 09:20】
製作年度 2004年 公開 2004年3月13日 上映時間 135分 監督 岩井俊二 出演 鈴木杏,蒼井優,郭智博,相田翔子,阿部寛,平泉成 >>Seesaa ショッピングで買う 恋愛に積極的なアリス(蒼井優)と好きな人に話しかけることもできずオクテな花(鈴木杏)は,同じバ Instant Message【2006/10/29 05:33】
 杉本彩(B83-W58-H86)が体当たり演技でしたね・・・・・・ってそれは みんなシネマいいのに!【2006/10/29 01:25】
今日も寝付けずじまいのyo☆ssyです。もぅ今日は寝るのやめちゃいました。テヘッ( ´∀`)これを機に今日から規則正しい生活を心掛けよーかと思ってます。ちなみに寝れない時の時間の使い方はいっこうに映画鑑賞ですが何か?今日は『花とアリス』観ました。オレの中での永遠 still searching Style...【2006/10/29 01:22】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。