ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母の愛で綴られた、13通の手紙。

ニライカナイからの手紙 ニライカナイからの手紙
蒼井優 (2006/01/24)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


達也お気に入りの蒼井優シリーズ第二弾は、『ニライカナイからの手紙』。

いやいや、こっちが構えているせいか、オープニングから涙腺が緩みます。

監督は、、『TOKYO NOIR』で今最も注目される『熊澤尚人』。 FC2 Blog Ranking

物語は、沖縄の竹富島で郵便局長の祖父と2人暮らしの少女『風希/蒼井優』が主人公。

東京で暮らす母『昌美/南果歩』は、風希が6歳の時に島を出て以来一度も

戻ってくることはなかった。そんな風希にとって、母が毎年誕生日に必ず届けてくれる

手紙が何よりの宝物。そして、風希が14歳の時の手紙には、「20歳になったら

すべてを打ち明けます」と書かれていた。やがてカメラマンだった父の遺品の

カメラで写真を撮るようになる風希。そして高校卒業後、彼女は祖父の反対を押し切り、

写真を勉強するために一人上京する。  

そして、慌ただしい東京での1年が過ぎた、19の誕生日。

母から届いた手紙には、「総てを話すので、井の頭公園の弁慶橋で朝10時に待っています」

と綴られていた・・・。  ブログランキング

20061104131607.jpg
にほんブログ村 映画ブログへ

登場人物も少なく、ほとんどのシーンが竹富島と東京のカメラマンスタジオに限られる中、

蒼井優の抜群の演技力が光る。大振りの派手なアクションではなく、

表情だけでそれを伝える彼女のチカラは、恐るべし。

少女が大人への階段を1つ登る度に、母から届く1通の手紙。

「風希、お誕生日おめでとう・・・」と、モノローグで綴られる母の温かい思いが、

観るものの涙を誘います。何処までも青く透き通る竹富島の海と空。

ぎゅっと手紙を抱きしめる切ない風希の気持ちを、蒼井優が余すことなく伝えます。

永山尚太が唄う『太陽ぬ花』も良いです。

ただ、ラストの回想と手紙のシーンは、

もう少しシンプルにしても十分伝わったかも。

達也も次の春には、懐かしい井の頭公園に行ってみたくなりました。

ご近所のTSUTAYAさん、こんな隠れた名作のDVDを1枚しか置いて無いなんて・・・。

明日から10枚にしましょう。 ヨロシク!

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 トラコミュ 蒼井 優にエールを !へ
蒼井 優にエールを !




スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




DECO0406さん、いらっしゃい。
達也も先日『リリイ・シュシュ』を
観ました。レビューしてますので、
良ければそっちも見てくださいな。
達也的には、『花とアリス』の
バレエーンが最高だと。
ついに、特別版のDVDも購入いたしました。
今から届くのが楽しみです。
【2006/11/25 12:26】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
KAZUさん、ようこそ。
『ニライカナイからの手紙』達也も
かなり気に入っております。
なんと言っても、蒼井優の登場シーンが、多い!
まぁ、あまり登場人物がいない設定ですが(笑)
熊澤監督、蒼井優も出演している
『虹の女神』を
今日観に行こうと思っております。
また、レビューしますので、ヨロシクです。
【2006/11/25 12:21】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
先日はコメントありがとうございます。

僕は『リリイ・シュシュ』以来、蒼井優が大好きで、この映画もとても好きなんですよ。ちなみに『変身』は達也さんの言う通り、蒼井優はおろか玉木宏の魅力も引き出せていなくて残念でした。

これからも拝見させて頂くので、頑張ってください。
【2006/11/24 22:30】 URL | DECO0406 #-[ 編集]
こんにちは。
私も大の蒼井優好きです^0^

この映画最近見ましたけど良かったすね。
自然体で表情が豊な蒼井優にはぴったりの演技でした。演技上手い!
母親の手紙に励まされ続けた彼女の本当の真実を知ったときは悲しさであふれましたね…。
周りを固める役者陣も上手いですし、うつぐみの心は綺麗な心ですよねぇ。
【2006/11/24 10:04】 URL | KAZU #-[ 編集]
TOMOKOさん、いらっしゃい。
いい映画、観たい映画がが一杯ありすぎて、
何から手をつけていいのか、
もう大変です。
一つでもいい映画を、しっかり吸収したい
今日この頃。
何時でも遊びにきてくださいな。
【2006/11/24 00:11】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは
とって~~~も遅くなりましたけれど(;^_^A
コメント&トラバ
ありがとうございました~☆

ホント、、、いろいろ映画観てるんですネぇ
ここ見てたら
観たくなってきちゃいますね(^ー^* )フフ♪
【2006/11/23 21:42】 URL | TOMOKO #-[ 編集]
タオ さん、おススメした映画を
観ていただき、何だか嬉しいです。
熊澤尚人監督の最新作、『虹の女神』も、
評判良いです。
岩井監督がプロデュースし、蒼井優も
好演しているようなので、週末にでも
観に行こうと思っています。
トラバの件残念です。
コチラも遊びに行かせて頂きます。
【2006/11/23 14:49】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
どうしてもコメントしたくて書いてみました。TATSUYAさんのブログで初めて「ニライカナイからの手紙」という作品を知る事が出来たので感謝の気持ちをお伝えしたかったんです。本当にありがとうございます。とてもさわやかな感動を味わう事が出来ました。TBを貼らせてもらおうと思いましたがサーバ-が違うせいか送れなかったのが残念です。またここに遊びに来ます!
【2006/11/23 02:18】 URL | タオ #-[ 編集]
midori-no-tukiさん、ようこそ。
トラバの件、了解しました。
実は、映画もっと観てるんです。
でも、レビューを書く時間が無くって・・・。
宜しければ、何時でも観に来てくださいませ。
【2006/11/09 10:41】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは。
昨日はコメントいただきましてありがとうございました。
自身のブログにも書きましたが、広告関係のトラックバックが非常に多いため、現在トラックバックは一切お断りしています。
せっかくなのに申し訳ありません。

ところで
すごい量の映画をご覧になっているんですね!
また拝見しに伺いたいと思います!
【2006/11/09 10:10】 URL | midori-no-tuki #-[ 編集]
makiさん、ようこそ。
達也の蒼井優月間は、
まだまだ続いております。
次回は『変身』をレビューの予定。
乞うご期待であります。
また、見に来てね。
【2006/11/08 09:01】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
香菜 さんいらっしゃい。
まぁ、そこが「うつ組み」の
良さなのでは・・・。
でも竹富島も観光化が進んでるのですね。
ちょっと寂しいような。行ってみたいような。
【2006/11/08 08:59】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
本日頂いたトラックバックを公開いたしました、遅くなってすみません。
【2006/11/07 01:54】 URL | mukunohige #-[ 編集]
はじめまして!
最近友達に紹介されてどこよ!(http://docoyo.jp/)っていうサイトに登録しました~
待ち合わせに便利な機能とかも付いていて、ミクシイよりも面白い!!よかったらみてみてください^^
【2006/11/06 11:59】 URL | iko #-[ 編集]
香菜さん、それを言っちゃあおしめぇよ~。
小学生だった風希ちゃんに、
みんなとても言えなかったでしょ。
また、お母さんの意思が走させたんでしょうし・・・。また、島の「うつ組み」の精神が、可能にしたかも知れませんよね。
うん、そう思いましょうよ。
【2006/11/06 02:41】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
makiさん、いらっしゃい。
達也は、最後までお母さんは
東京の吉祥寺で暮らしていると
思っておりました。(何て単純な)
で、風希同様、ショック&涙。
母の愛は、偉大です。そして、
島の人達の優しさは、竹富の
海の様に美しく澄んでいます。
いい映画でしたね、ホンと。
【2006/11/06 02:38】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
本人のほかの全員が知っているのに
本人だけが気づかないってことあるのかなあ?とは思いましたが ま、
いいでしょ。
映画を見る前に竹富島へ行きました。
映画と違い、割り切った観光地でした。
【2006/11/05 17:57】 URL | 香菜 #HuBhO90w[ 編集]
こんばんは☆
コメント・TBありがとうございました☆

この映画を観て島の人たちの暖かさが
とっても心に響いて感動しました。
途中で内容が見えてしまいましたが
最後までじっくりと観ることができました☆
いい映画ですよね!

蒼井優ちゃんいいですよね~!
私も花とアリス見ました。
最後のバレエのシーンが最高!

映画たくさん観てるんですね!
また遊びに来ますねぇ~
【2006/11/05 00:52】 URL | maki #s5RVRKAk[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


2005年 日本 113分監督 熊澤尚人脚本 熊澤尚人撮影 藤井昌之音楽 中西長谷雄出演 安里風希:蒼井優   安里尚栄:平良進   内盛海司:金井勇太   レイナ:かわい瞳   安里昌美:南果歩   田中:前田吟 楽蜻庵別館【2006/11/07 12:07】
 ニライカナイからの手紙「ニライカナイからの手紙」 ★★★(2005年日本)監督:熊澤尚人脚本:熊澤尚人キャスト:蒼井優、平良進、南果歩、金井勇太、かわい瞳、比嘉愛未、斎藤歩、前田吟 NUMB【2006/11/06 18:54】
「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス」の蒼井優が沖縄の離島に暮らす少女を好演したハートフル・ストーリー。沖縄竹富島を舞台に、東京で離れて暮らす母と、母から毎年誕生日に送られてくる手紙を支えに生きる少女との心の絆、そして少女の心の成長を、沖縄の美しい風 HongKongCafe【2006/11/06 11:02】
ニライカナイからの手紙出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2006/01/24 メディア: DVD 沖縄の竹富島を舞台にした、もう最初から最後まで沖縄モードな映画。楽園気分に浸るには最良の映画か。蒼井優演じる風希は、竹富島郵便局長のおじいと二人暮らし。父親は幼い 広州生活【2006/11/05 19:30】
風希、お誕生日おめでとう幼いころに島を出て行った母、今どこにいるの?何してるの?毎年誕生日に欠かさず届く手紙、風希にとって一番の宝物 私目線【2006/11/05 00:49】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。