ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強烈なボディ・ブローの様な一本。

ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー
クリント・イーストウッド (2005/10/28)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


父親達の星条旗を観て、クリント・イーストウッド監督の勇気に感銘し、

この映画をどうしても観たくなってしまった。

2本前にレビューした『インソムニア』のヒラリー・スワンクが、この映画で二度目の

オスカーを手にしたことも気になっていたし、M・フリーマンも気になるし・・・。

でも、数年前に観た『ミスティク・リバー』のクロスカウンターから未だ立ち上がれない

でいる達也としては、チョッと躊躇してたりもして・・・。 FC2 Blog Ranking

でも、観てよかったぁ! 実に素晴らしい映画ですやん。タイトルにも書いたように、

正にこの映画は『ミリオンダラー・ムービー』であります。

さて、肝心のストーリー・ですが、ネタバレに注意しつつ説明すると、

ロサンゼルスのダウンタウンで寂れたボクシングジムを経営する老齢の

トレーナー『フランキー・ダン/C・イーストウッド』は、敬虔なカトリックで頑固な男だ。

そんな彼はあまりに慎重に選手の対戦相手を選びすぎるあまり、チャンピオン候補に

愛想をつかされて、他のジムに移籍されてしまう。そんな時、トレーラー暮らしで育った

貧しいウエイトレスの『マギー・フィッツジェラルド/ヒラリー・スワンク』が、

フランキーに弟子入りを志願するが、31歳の女のトレーナーなどは引き受けないと

拒否される。しかし、断られても何度も足を運ぶマギーに同情したジムの雑用係で

元ボクサーの『エディ・デュプリス/モーガン・フリーマン』が、

彼女の素質を見抜いて応援する。

やがて根負けしたフランキーは引き受け、彼の指導でマギーは見る見る上達し、

試合で連戦連勝を重ね、ついには世界チャンピオンの座を狙えるほどになる。

しかし、栄光の絶頂を迎える寸前に、思いもよらぬ悲劇が彼女を襲うのだった・・・。

20061111042838.jpg

2005年のアカデミー賞において4部門のオスカーを受賞したこの映画は、

バッシングの数においても他の映画の追隋を許さない。  ブログランキング

何故ならこの『クリント・イーストウッド』監督の映画は、単なる女性ボクサーの

サクセス物語などではなく、親子の絆や愛、生きることの意味と真正面から15ラウンド戦い、

リングに立ち続けた作り手が、観客にそのジャッジを突きつけてくるからだ。

映画に娯楽やストーリーだけを求める者には、あまりに辛いジャッジを

要求されることになる。ほとんどの観客はそれさえ放棄し、映画にあらずと非難さえするだろう。

しかし、この映画は、人生に何かを求める者にとって、多くの恩恵をもたらす

『ミリオンダラー・ムービー』であることは間違いない。

映画のキーワードであるフランキーがマギーのリングネームとして彼女

に与えるその名は、『モ・クシュラ』。アイリッシュのゲール語で、

『愛するお前は、私の血』という意味がある。ラストでこの意味を聞かされるマギーの

瞳からこぼれる涙は、悲しみの結晶であるはずが無いと、達也は思う。

光と影、栄光と挫折。三位一体となった神々しいほどの三人の演技と、深い映像。

そして、クリントの生み出したサウンドが、聖堂に響くゴスペルの様に聞こえ、

「モーガン・フリーマン」のモノローグが神の声の様に優しく胸を打つ。

そう言えば彼の映画製作会社「マルパソ・カンパニー」は、険しい道と言う意味があったっけ。

達也またしても、映画人『クリント・イーストウッド』とスタッフの勇気と誇りに拍手!! 

にほんブログ村 トラコミュ クリント監督の映画へ
クリント監督の映画

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ





スポンサーサイト




Yamaさん、ようこそ。
厳しさと優しさが同居する。
ホンとその通りです。
演出もいやみが無く、コチラが
自然に素直になってしまいます。
達也はクリントに目覚めて
まだ日が浅いですが、これから
ドップリといきたいです。
【2006/11/16 20:00】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
なみなみさん、いらっしゃい。
コチラがコメントする場所を
間違っていたようです。
すいません。
コメント、アリガトウございました。
クリント監督には、何か東洋の禅的なモノを感じます。
【2006/11/16 19:56】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんばんは。

イーストウッド映画の特徴である優しさと厳しさの同居。重いテーマを内包しながらも、軽妙でさらっとした演出。

長年彼のファンでいることが誇りに思える大傑作です。
【2006/11/16 17:37】 URL | Yama #-[ 編集]
すみません、先ほど映画のほうのブログにコメントを送信したのですがうまくいかなくて。
イーストウッド作品はまさに東洋絵画のように心の中に余韻がひびきわたる感じです。
【2006/11/15 23:02】 URL | なみなみ #-[ 編集]
matilde さん、いらっしゃいませ。
確かにハートが痺れて、
正視しがたいほどでした。
でも、何故かアイリッシュなグリーンに
優しく包まれた様な感じもして・・・。
【2006/11/14 18:10】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
さるおさん、つたないレビューを
褒めて頂き、アリガトです。
これを励みに頑張るだす。
でも「ミステックリバー」は
勘弁してケロ。未だに真っ直ぐに
対峙することが出来ません。
きっといつかは・・・。
【2006/11/14 18:07】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
黒柴さん、そうですよね。
限りなく深い愛と優しさを
感じます。
正に『強くなければ生きていけない。
優しくなければ、生きていく資格が無い』
そんな感じですよね。
【2006/11/14 18:01】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
PINOKIOさん、おんなじです。
打たれるほどに、快感になってきました(笑)。
もう、どんどん観てやれ状態です。
クリントのびんたは、効きますね。
優しさを感じますし。
【2006/11/14 17:59】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
lin さん、ようこそです。
「ミステック・リバー」のメッセージには、
未だに答えが出せない状態です。
確かに、俳優・プロットも映画として完璧なのですが、
タフさも持ち合わせない
自分の甘っちょろい存在では、
とても太刀打ち出来ません。
出直して、観直します。
【2006/11/14 17:56】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
kimion20002000さんのレビューに
感服しました。素晴らしい見解、とても参考になります。
またまた、遊びに伺います。
宜しくです。
ココ暫く、クリント月間になりそうです。
【2006/11/14 17:41】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
Gachami さん、いらっしゃい。
ブログ残念ですね。
また復活したら教えてくださいませ。
達也も「父親たちの星条旗」観ました。
二部の「硫黄島からの手紙」と合わせて観ると、
凄いことに気が付きそうです。
【2006/11/14 17:38】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
さえさん、いらっしゃい。
クリントの弱者への温かい視線を
いつも感じるのですが、
この映画のフランキーは、
自らが傷つきながらも、
優しさを忘れない男でした。
不器用でも、渋いクールな愛を
感じさせてくれましたよね。
【2006/11/14 17:35】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
空 さん、アリガトです。
クリント監督は、この映画は
『シンプルなラブストーリー』と
語ったそうですが、血を超えた
素晴らしい愛を教えてくれました。
二人が始めて組むことを決めて
握手するシーンのシルエットに、
神々しい何かを感じました。
【2006/11/14 17:32】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
タンタンさん、いらっしゃい。
クリント監督は、『いい映画は
全てを語らずに、
観る者に考えさせる』と語っています。
それは、自分の作品を信じ、
観客を信じているからだと
思うのです。
【2006/11/14 17:28】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ぴ さん、ようこそ。
クリント監督は、かなり女性を
レスペクトしている様です。
かれの映画の女性は、男以上に
みなタフです。
特にこの映画のマギーは、
タフさ+チャーミングな一瞬が
素敵ですよね。
【2006/11/14 17:24】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
りりい♪さんようこそです。
達也も「許されざる者」を今週
観る予定です。またレビューしますので、
宜しくです。
今上映中の「父親たちの星条旗」も
凄いですよ。完全に計画的な確信犯です。
ぜひぜひオススメします。
【2006/11/14 17:22】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ミチ さん、ようこそ。
クリントの音楽、映像同様渋いっす。
俳優としてはマカロニウエスタンと
ダーティー・ハリーのシリーズが
有名すぎますが、「マルパソ」と言う
制作会社を仲間と作って、かなり以前から秀作を発表しております。
あと何年か分りませんが、
まだまだやってくれそうです。
【2006/11/14 17:16】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
猫姫少佐現品限りさん。
とってもユニークな名前ですね。
何か由来があるのでしょうか?
さて、クリントですが、
お察しの様に、スピルバーグと
組んで何やら企んでます。
老いて尚盛んどころか、絶好調の
クリント爺さん、凄すぎます。
【2006/11/14 17:12】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは♪コメントありがとうございました。
静かに、じんわりと心に響く作品でした。
エンディングのギターの調べのところで涙が止まりませんでした。
【2006/11/13 14:44】 URL | matilde #-[ 編集]
さるおです。

> サクセス物語などではなく、親子の絆や愛、生きることの意味と真正面から15ラウンド戦い、 リングに立ち続けた作り手が、観客にそのジャッジを突きつけてくる

素晴らしく的を得たレビューっす!さすがー。
気位の高い作品ですね。

『ミスティク・リバー』はどうだった?
【2006/11/13 00:49】 URL | さるお #7SMSw2C6[ 編集]
コメント&トラックバックありがとうございます!
人によって評価は分かれるでしょうが(テーマが重くていやって方)
人間が温かく深みのある映画だったと思います☆
【2006/11/12 22:44】 URL | 黒柴 #-[ 編集]
こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
私もミスティック・リバーでも衝撃をくらいました。
そしてまたしても・・・。
好きなんですけどねぇ、、ほんと後に引きずっちゃいます。。
【2006/11/12 22:36】 URL | PINOKIO #-[ 編集]
イーストウッドの9.11以降の作品は特に、アメリカの現実を投影するものが多い気がしますね。
映画自体の完成度は「ミスティックリバー」が圧倒的に高いと思いますが、個人的にこの作品が持つ温かさが好きです。
此方からもTBさせて頂きます。
【2006/11/12 11:03】 URL | lin #XHLKTYlo[ 編集]
TBありがとう。
もう、クリント・イーストウッドには、頭を何回も、ガンガンとやられているわけですね(笑)。
裏を返せば、とっても、相性がいい監督さんだといえるんでしょうね。
【2006/11/12 05:20】 URL | kimion20002000 #fOhGkyB.[ 編集]
TBいただいたのですが、12日であのブログ閉鎖してしまいます~
せっかくコメントとTBいただいたのに、スミマセン~

「父親たちの星条旗」も良かったです。
ありきたりな作品は作らない、独自の視点を持ったイーストウッドさんの作品はかなり好きです。
【2006/11/12 03:27】 URL | Gachami #-[ 編集]
コメントありがとうございました☆
音楽も素敵ですよね。
『ミスティック・リバー』でもイーストウッドのピアノが素敵でした。
『ミリオンダラー・ベイビー』、切ないけど温かい音楽も感動する作品でした。
【2006/11/11 22:47】 URL | さえ #-[ 編集]
こんにちは!
コメント、ありがとうございました(^^)
マギーの、ボクシングが楽しいという、純粋な心に、胸打たれました。
血の繋がった家族よりも、強い絆と愛で結ばれていた、マギーとフランキー。
その関係性、互いを思いやる心に、涙が出ました・・・。
素晴らしい作品でした!
【2006/11/11 16:47】 URL | 空 #-[ 編集]
>観客にそのジャッジを突きつけてくる
まさにその通りだと思います!
見た人それぞれが、いろんなことを思う映画ですね。
ここまで素晴らしい映画に仕上げた監督の手腕に脱帽です。
【2006/11/11 13:41】 URL | タンタン #-[ 編集]
コメントありがとうございました。
この映画は視覚的にも精神的にも
強烈な痛みを感じますね~

監督は
「シンプルなラブストーリー」
「アメリカンドリーム」って言ってたみたいだけど、
もっと深いですよね。
【2006/11/11 02:20】 URL | ぴ #-[ 編集]
こんばんは~★
コメント♪有難うございました(^-^)
最初・・「ロッキー」みたいな英雄になる映画かと思っていました。
観てみると・・切ないスト~リ~!
クリント・イーストウッドさんの監督作品は、また観てみたいです♪
【2006/11/11 00:20】 URL | りりい♪ #B9NriZv6[ 編集]
こんばんは♪
そうそう、音楽もクリントがやっているんですよね。
いろいろ才能を持っていて驚きます。
役者としての彼はあまり見たことがないのですが、監督作品は確かなものを感じます。
【2006/11/10 23:51】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
TB&コメ、ありがとうございました!
やっぱりこの人、イーストウッド、才能があるんですよね。
出ていた映画と監督作品のギャップ、、、
スピルバーグも、形は違えど、こういう方向なんでしょうね。
【2006/11/10 20:02】 URL | 猫姫少佐現品限り #SFo5/nok[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


「事実の重さ」ずーん。それはそれまでの語られ方によって変化するものではない。頑張った者でも怠惰な者であっても、それは同じように同じ重さでふりかかる。それ以前のエピソードによって、軽くなったり重みが増したりはしない。それが「事実の重さ」の容赦ない存在感だ。 HELLOGOODBYE【2007/02/06 17:19】
「ミリオンダラー・ベイビー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ 映画レビュー トラックバックセンター【2006/12/16 14:39】
トレーラー暮らしで育ったマギーのたったひとつの取り柄はボクシングの才能。彼女は名トレーナーのフランキーに弟子入りを志願し、断られても何度もジムに足を運ぶ。根負けしたフランキーは引き受け、彼の指導でマギーはめきめき上達。試合で連破を重ね、ついに世界チャ 1-kakaku.com【2006/11/18 16:16】
 『Million Dollar Baby』 2004年米 監督・製作・音楽:Clint Eastwood 原作:『Rope Burns』 by F.X.Tool 脚本:Paul Haggis 撮影監督:Tom Stern 編集:Joel Cox プロダクション・デザイナー:Henry Bumstea 記憶補完【2006/11/16 17:38】
「そして幽霊が戻ってきた」正確な引用ではないかもしれませんが、そんなセリフが出てきます。イーストウッド作品の多くに、幽霊が登場することはよく知られています。もちろんそのフィルモグラフィーには、ジャンル ねこのひたい~絵日記室【2006/11/16 11:28】
号泣だ。「アビエイター」仕方ないな。この作品と同じ年にぶつかったことを不運と思うしかないよ。娘に連絡を絶たれたしわがれたボクシングトレーナー、フランキー(クリントイーストウッド)、彼と旧知の仲の元ボクサー、スクラップ(モーガンフリーマン)、チャンプを目指 シネマ日記【2006/11/13 09:19】
イーストウッドの映画なら、アカデミー賞を取ろうが取るまいが関係ない。キャストもしぶいし、期待しない理由が皆無。レイトで観てきた。 新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>【2006/11/13 00:15】
古びれたボクシングジムを経営する老トレーナー・フランキーと、彼を慕う女ボクサー... 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α【2006/11/12 22:37】
さるおです。 『MILLION DOLLAR BABY/ミリオンダラー・ベイビー』を観たよ。 監督は、さるおが愛してやまない荒野の用心棒にして夕陽のガンマン、ダーティ・ハリー!『許されざる者』のオスカー監督でカリフォルニア州カーメル市の元市長、クリント・イーストウッド(Clint E さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー【2006/11/12 22:29】
黒柴はもう少しポジティブな姿勢の映画が好みですがだからといってこの映画の美しさが損なわれるワケじゃありません。。クリント・イーストウッド氏が2005年のアカデミー監督賞を獲得した映画です。この映画の登場人物はフランキー(イーストウッド)はじめスクラップと Favorite things 黒柴のハルピン日記【2006/11/12 22:22】
貧しい女性ボクサーがトレーナーと出会い、見事成長するまでのストーリー。ただのサクセスストーリーで終わらず、家族の問題がからみ、内容が深い映画になっています。家はなく、廃車になったトレーラーで育った後、狭いアパートメントを借り、31才までウエ.... 韓国俳優こっそりチェック~もうアレ見ました?【2006/11/12 14:31】
昨年度のアカデミー賞で「アビエイター」を蹴散らして見事!主要4部門を受賞したのが「ミリオンダラー・ベイビー」。観た人の感想が賛否両論だったから、予告編を観ただけで敢えて何の予備知識も仕入れずに鑑賞してみたけど、これがとってもよかった!!ひょっとしてお涙頂 cinema capsule【2006/11/12 12:28】
 ミリオンダラー・ベイビー「ミリオンダラー・ベイビー」  ★★★★☆Million Dollar Baby (2004年アメリカ)監督:クリント・イーストウッドキャスト:ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド、 NUMB【2006/11/12 10:59】
映画「ミリオンダラー・ベイビー」(Million Dollar Baby, 2004・米国)モーガン・フリーマン扮するスクラップがこの映画のナレーションを務めるのは、彼には語らねばならない物語があるからである。物語とは、人を生かすものであるし、自分の生の意味を確認するものでもあ make myself just as hard【2006/11/12 08:55】
「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初老 サーカスな日々【2006/11/12 05:21】
■ヒラリー・スワンク演じるマギーが、とても切なかった。マギーの母親は、最低だった 空の「一期一会」【2006/11/11 16:49】
Million Dollar Baby2004年 アメリカすっごい良かった。ボクシングなんか興味ないし、見ようかどうしようか迷ったけど、ホント見てよかった。かなり泣けたのだけど、マギーが母親に家を買ってあげた cinema note+【2006/11/11 13:42】
『ミリオンダラー・ベイビー』 公式サイト  監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド ヒラリー・スワンク モーガン・フリーマン  この作品の前情報と言えば、アカデミー賞4部門受賞、クリント・イーストウッド.... Swing des Spoutniks【2006/11/11 09:38】
映画「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★久しぶりにずしっと来る映画を見たように思う。アカデミー賞を取った映画=自分の好きな映画にならないことも多いのだけれど、この作品は素晴しかった!予告編などを見る限りボクシングを題材にした師弟愛の話とばかり思っていた ミチの雑記帳【2006/11/10 23:57】
今年の作品の中では、1、2を争う話題性と出来映えなのかな。そんな05年の大御所作品やっと借りられました。個人的には、イーストウッド、フリーマンともに、気になる俳優なのでキャストは文句無しです。語らせたらフリーマンの右に出る者はおりません。(ショーシャ... しーの映画たわごと【2006/11/10 22:39】
ボクシングの映画です。いい話というか、嫌な話というか。31才でボクシングを始めるのは遅すぎるのか? いや、一般的に遅いかどうかなんて関係がない。やりたいときがはじめ時、人生に遅すぎるなんてことはない David the smart ass【2006/11/10 22:32】
ミリオンダラー・ベイビーハッピーエンド、スポ根ものだとばかり思っていました。申し訳ございません。第77回アカデミー作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、ですね。途中まで快調に見ていたんだケド、この映画のメインストーリーが始まってからは、見るのがつら.... 猫姫じゃ【2006/11/10 19:53】
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ! Akira's VOICE【2006/11/10 12:58】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。