ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


   虎と魚と男と女。

  弱さとズルさと、寂しさと。


ジョゼと虎と魚たち ジョゼと虎と魚たち
妻夫木聡 (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


日本映画の進歩はここ数年目覚しいものがあるが、その理由の一つとして、

若くていい役者達の成長があるのではないだろうかと、達也は思う。

そんな邦画界の明日を担う若手のホープが集った映画が、『ジョゼと虎と魚たち』だ。

市川監督の『大阪物語』でスクリーンデビューした時から、この娘いい演技するなぁ

と思っていた『池脇千鶴』と、『69Sixtynine』『きょうのできごと』など、等身大の

若者を見事に演じる『妻夫木聡』が主演。    FC2 Blog Ranking

物語は、大阪の大学に通う恒夫(妻夫木聡)が、バイト先で有名になっている

明け方に老婆(おば=新屋英子)が押す乳母車と偶然遭遇することから始まる。

その乳母車に乗っていたのが、足の不自由なくみ子(池脇千鶴)だった。

20061208133209.jpg

自称ジョゼと名乗るくみ子は、身体障害のハンデを背負っていたが、子供の頃から

一人で読書を続け、独特の自分の世界を持つ知的で不思議な女の子だった。

付き合い始めたばかりの彼女がいながら、そんなジョゼに引かれてゆく恒夫。

バカでスケベで、純な今時の大学生を演じる妻夫木聡が良い。彼の素直な演技が、

男のズルさと弱さと、真直ぐな優しさを伝えてくれるから、救われる。

だが、おばにきつく言われた恒夫は、いったんジョゼと離れるが、突然のおばの死を

知らされ、ジョゼに会いに行き結ばれることになる。

この映画の完成度を高めている要素に、主演二人の演技力があるが、ジョゼを

演じる池脇千鶴は凄い。天才的な感性で、屈折しながらも真直ぐに恒夫を愛する

ジョゼのゆれる気持ちを画面いっぱいに伝えている。また、ジョゼの恋敵きの

香苗を演じる上野樹里もいい。ジョゼを呼び出し「障害を武器に彼を奪うなんてズルイ」

と言ってジョゼをビンタする二人の対決シーンは見事だった。  ブログランキング

20061208133801.jpg

また、両親にジョゼを紹介しようとして、ギリギリまで来て止めた時に弟から

「兄ちゃん、ひるんだろ?」と言われ、思わずトイレでジョゼを抱きしめるシーンと、

高速のパーキングでジョゼをオブリながら「車椅子買おうよ。俺も年とるんだからさー」と

言うシーンは、どちらも恒夫の本心を描いている。だからジョゼと分かれた後の、

『僕が逃げた』の言葉と、ラストの突然の号泣への伏線として成立するのだ。

田辺聖子の短編小説をベースとしながらも、映画としての完成度の高い

脚本を書いた渡辺あやも素晴らしい。そして、『犬童一心』監督の演出も

随所に冴えを見せる。この映画は、障害者とSEXをテーマにしながらも、

安易な正義感やモラルで誤魔化さずに、真直ぐに描いているから感動できる。

ラスト近くに流れるくるりの曲『ハイウェイ』も秀逸だ。

涙腺ダムが満水の達也も、電動車椅子で疾走するジョゼの後姿に、思わず決壊!

うん、えーもん見せてもらいましたなぁ。

しかし、ロケ場所は寝屋川か枚方あたりかな?と、真剣に探してたらエンドクレジットで

東京ロケと判明。怒るでしかし!!

ジョゼと虎と魚たち / 田辺 聖子 ← 原作本はコチラ

人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




mesoさん、いらっしゃい。
ジョゼ虎のDVDを欲しくなってしまいました。
脚本の「渡辺あや」がメガホンを取った
ショートムービーが収録されているらしいですよ。
また遊びに来てくださいね。
【2006/12/14 09:48】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ネットサーフィンしてたら見つけました。だいぶ前に見たんですが、美しいホテルのシーンからの切ないあっさりしたラストが印象的でした。
【2006/12/12 17:27】 URL | meso #-[ 編集]
八ちゃんさん、いらっしゃい。
なるほど、蒼井優にはまだあのジョゼノ持つ
「毒」を出せないかもしれませんね。
ただ、達也としては女優・蒼井優の
持つチカラをもっともっと観てみたい。
そんな映画にめぐり合って欲しいと
切に願っております。
【2006/12/11 07:41】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
TB・コメありがとうございます。

個人的には池脇だからこそのジョゼであって、いくら上手い優ちゃんだからと言って何もかも優ちゃんで観て見たいとまでは思いません。優ちゃんのカラーが出過ぎて、あのジョゼ特有の毒々しさは、彼女には出せないと思います。
【2006/12/10 22:17】 URL | 八ちゃん #-[ 編集]
ぷちてんさん、今日田辺聖子の原作を
読みました。たった24Pくらいですが、
ジョゼのもうすぐ終わる予感めいた気持ちは同じでした。
でも、愛は人を傷つけながらも強くする。
ジョゼは、もう海の底の石ころじゃない。
そう思います。
【2006/12/09 20:48】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
いい映画でしたよね。
主演の二人が、はまり役。

ジョゼの魅力は障害があるなしでは無いって、ちゃんと恒夫は分かっていたのに・・ね。
しかし、そんなおバカな恒夫をジョゼは分かっていたのかもしれませんね。

でも、彼によってジョゼは救われたんですよね。
やっぱり「愛されること、愛すること」って人を強くするんですね。
【2006/12/09 19:36】 URL | ぷちてん #-[ 編集]
jamsession123go さん、ようこそ。
最近劇場で観た3本、レンタルの2本に
上野樹里が出ています。
恐るべき出現率!
しかし、一作ごとに良くなってます。
池脇千鶴は、ホンとに良い役者です。
ジョゼの役、蒼井優にも演じて欲しいなぁ。
『メゾン・ド・ヒミコ』も、近々観る予定です。
【2006/12/09 12:20】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
みゆさん、お褒め頂き嬉しいです。
また頑張らねば! と思います。
みゆさんのレビューも良いです。
トラバ(=トラックバック)はまだみたいです。
もう一度ここの下↓にあるトラックバックURLを
コピーして、自分のブログの管理ページにある
トラックバック・スペースにコピー&
保存してみてください。
【2006/12/09 12:02】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こーいちさん、いらっしゃい。
ずーっと気になってて、
やっと観たのですが、ノドのひっかりが
取れたようで、スッとしました。
真っ直ぐに力強くて、実にいい映画ですね。
原作も昨日買って、今読んでおります。
【2006/12/09 11:57】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメント&TBありがとうございました。
この映画は去年見た中でも、ランキング入りさせた名作だと思います。
池脇千鶴の役者魂を思い知った1本でもありました。
しかし、こんな映画にも上野樹里が出てるというのは、邦画金太郎飴状態ですね。
のだめ恐るべしです。
【2006/12/09 10:06】 URL | jamsession123go #-[ 編集]
TATUYA様のレビュー、拝見いたしました。
自分が書いたのが小学生レベルな程にとても丁寧に読み取られていて、すごいなぁと思いました。
映画は好きなので、また覗かせて頂きます。
トラックバック?がよくわからなかったのですがこちらからもやってみます。ありがとうございました!
それでは、失礼致しました。
【2006/12/09 02:55】 URL | みゆ #e4RitRBc[ 編集]
こんにちは。
素敵な作品でしたよね。
僕も大好きで最近また観たところでしたw
恒夫の弱くてズルイ部分もちゃんと描いている
ところがいいですね。
共感して観ていました。
ほんとに主演2人は良かったです。
【2006/12/08 15:59】 URL | こーいち #I4t1ZHtI[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


ほしのあき ブラックリスト 情報局【2006/12/18 13:49】
【鑑賞】DVD【日本公開】2003年12月13日【製作年/製作国】2003/日本【監督】犬童一心【出演】妻夫木聡/池脇千鶴/上野樹里/新屋英子/新井浩文【原作】田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」大学生の恒夫はアルバイト先の麻雀屋である噂を耳にする。それは... caramelの映画日記【2006/12/11 17:56】
大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そ… ○キリカ is simple life○【2006/12/10 20:21】
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(66) ジョゼと虎と魚たちジョゼと虎と魚たちを観た。お薦め通りの 重いが、素晴らしい映画だった。メゾン・ド・ヒミコのブログにいろいろいただいたコメントを読んでいる内に、犬... ヒューマン=ブラック・ボックス【2006/12/09 10:05】
感動度[:ハート:]     (公式HP)満足度[:星:][:星:][:星:]【監督】犬童一心【出演】妻夫木聡/池脇千鶴/新井浩文/上野樹里/江口徳子/新屋英子<ストーリー>大学生の恒夫(妻夫木聡)はアルバイト先の麻雀屋である噂を耳にする。それは、近所に出没するひとりの老婆( アンディの日記 シネマ版【2006/12/08 15:53】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。