ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画に願うこと・・・。

雪に願うこと プレミアム・エディション 雪に願うこと プレミアム・エディション
伊勢谷友介 (2006/11/10)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-84% !

日毎寒さが募る今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか、達也です。

こんな寒い週末は、コタツにミカン。あったかい梅昆布茶に、

ハートウォームな映画などいかがでしょう・・・。

てなことで、今回おススメの映画は『雪に願うこと』。

第18回東京国際映画祭で、史上初の四冠を獲得した『雪に願うこと』は、

『遠雷』でデビューした「根岸吉太郎」監督の作品。     FC2 Blog Ranking

ほほーっ、四冠ですか、どれどれ・・・と、観始めた映画ですが、色恋沙汰もドンパチも、

エッチも殺人もございません。

冒頭に東京で事業に失敗した主人公の矢崎学(伊勢谷祐介)が、

故郷の帯広に戻るシーンでいきなり車の窓から携帯電話を投げ捨てるあざといシーンから

始まるので、やばいかも!と思いつつも、たどり着いたばんえい競馬場の輓馬(ばんば)を

見た瞬間、何て素敵な馬達なんだと画面に見入ってしまった。

20061216193924.jpg

強靭な四肢、雄々しいタテガミ。波打つ筋肉を馬体に漲らせ、全身から湯気のオーラを

放ちつつ数百キロもある橇(そり)を引いて走る。いや、走ると言うより歩むに近い。

観客達は罵声と声援を送りつつ、馬達と共に併走する。輓馬は障害の前で立ち止まり、

呼吸を整えながら、渾身の力を込めて一気に障害を駆け上がる。時には立ち止まり、

時には走り、しかし確実にゴールに向かって進んでいく姿は、まるで人の人生そのものだ。

この『雪に願うこと』は、鳴海章の小説「輓馬」が原作。人生に疲れた男と女が北海道を

旅する『風花』と同様に、社会のレースから脱落した人達の魂の再生を描いている。

20061216193958.jpg

キャストは、東京ですべてを無くした矢崎学を伊勢谷祐介、その兄で

厩舎を営む矢崎威夫を佐藤浩市が演じている。また、厩舎の仲間に山本浩司、でんでん、

出口哲也を配し、小泉今日子を賄いのお母さんにした上で、津川雅彦、草笛光子、

そして圧巻の山崎努がズシンと映画を引き締める。    ブログランキング

物語は、人生に傷ついた男が、勝ちに見放された輓馬「ウンリュウ」に自分を重ね、

同じ様に心に傷を負う旗手の牧恵(吹石一恵)や賄いの晴子(小泉今日子)との交流を通じて、

北の大地で魂を再生させるドラマである。

20061216194010.jpg

この映画の完成度が高いのは、役者達の味わい深い演技に加え、全編北海道ロケの

カメラワークの美しさと丁寧な作り込みにあるのは言うまでもない。

しかし達也は、エンディングの潔さにこそあると感じる。

新しい一歩を踏み出す決意をした学は、ウンリュウと牧恵の勝利を見届けずに

競馬場を後にする。その後の東京での生活も、帯広に残る人達の幸せの予感も

漂わせずに、エンドロールは始まる。

しかし学のこの小さな勇気こそが、すぐそこまで来ている雪解けと

春の訪れを感じさせるのだから・・・。

輓馬 輓馬
鳴海 章 (2005/11/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ


スポンサーサイト




こーいちさん、いらっしゃい。
輓馬の姿は、実に神々しいものがありました。
馬って、素敵なものですね。
この映画の半分は、馬達の魅力に
あると思います。
こーいちさん、何時でも遊びにきてくださいね。
【2006/12/23 12:12】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは。
TB&コメントありがとうございました!
素敵な作品でしたね。
輓馬もド迫力で見応えがありました。
エンディング良かったですねw
【2006/12/22 15:35】 URL | こーいち #SFo5/nok[ 編集]
石原真理子の暴露
藤原紀香の結婚
サトエリと海老蔵
などなど 噂と真実を書き綴ってます

http://baiagla.blog49.fc2.com/
【2006/12/19 20:16】 URL | ぴたポン! #-[ 編集]
元・副会長さん、いらっしゃいませ。
コチラこそ、ヨロシクであります。
ばんえい競馬は、是非とも存続させて欲しいものです。
北海道遺産に指定すべき、貴重なものですよ。
そんな意味でも、この映画の価値は
高いです。
相米監督も、きっと天国で喜んでいることでしょう。
【2006/12/18 13:19】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
トラックバックありがとうございました。

ばんえい競馬が存亡の危機に立ちましたが、やはりこれも地方と都会との二重構造の所以でしょうか。最近、国際社会でいうところの“南北問題”が日本国内でも起こっているのではないかと懸念しているところであります。

映画自体はもっともっと評価されても良いと思いました。少なくとも、根岸監督久々のヒットでしょう。

それでは今後ともよろしくお願いします。
【2006/12/17 20:36】 URL | 元・副会長 #5lgk84Pk[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


資生堂_TSUBAKI_新春篇15秒B「仲間由紀恵」「吹石一恵」「内田恭子」「香里奈」着物~♪さすがに、超美人女優の中に混じると内田恭子が普通に見えますね(笑)15 秒 解凍パスワード:fujiwaratomonori 放送日:2007年01月頃... アイドル萌え動画を見たい!!【2007/04/21 11:43】
 いや、こっちもぜんぜんイイ映画です!是非一見を!!明日の記憶。明日の記憶 http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/e58b825304e736256cc1d7cc6c737e1a 悪い映画とは言っていないのだが、僕にとって期待しすぎたためかあともうちょっと物足りなく、悲しい 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ【2006/12/28 00:25】
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        2006/05/20公開  (公式サイト)泣き度[:悲しい:]迫力度[:スペード:][:スペード:][:スペード:]自然美[:結晶:][:結晶:][:結晶:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】根岸吉太郎【脚本】加藤正人【原作】鳴海章 『輓馬 アンディの日記 シネマ版【2006/12/22 15:12】
[ 雪に願うこと ]@渋谷で鑑賞。第18回東京国際映画祭 グランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞史上初の四冠獲得はダテじゃない。原作は鳴海章の小説「輓馬」。鳴海章といえば、記憶に新しいのが「風花」。「風花」を撮ったのが相米慎二監督。原作者からいち早く手渡さ アロハ坊主の日がな一日【2006/12/18 08:20】
 根岸吉太郎監督がデビューしてから二十数年経つが、相変わらず扱うテーマは変わっていないのだと思い至った。それは“地に足が付いた生き方の素晴らしさ”である。 伊勢谷友介扮するベンチャー企業の若社長は、一頃のITバブルにより我が世の春を謳歌するが、やがて不祥 元・副会長のCinema Days【2006/12/17 20:31】
原作=鳴海章『輓馬』。脚色=加藤正人。監督=根岸吉太郎。【ばんえい競馬とは?】=騎手は馬に乗らずに500キロにも及ぶ重量のソリに乗って、元は農耕馬だった(ばんば)がそのソリを曳く。輓馬はサラブレッドの2倍の馬体があり、1トンを越える馬もいる。スピードだけで ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!【2006/12/17 11:35】
「嫌われ松子の一生」は映画全体で2000カット撮影されたそうですが(通常は全体で700カット)、「雪に願うこと」(根岸吉太郎監督)はその逆に、ゆったりとしたカット割りで丹念に、ばんえい競馬に携わる人々 映画雑記・COLOR of CINEMA【2006/12/16 21:39】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。