ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


壊れたヘッドライトは、何を語るのか。

クラッシュ クラッシュ
サンドラ・ブロック (2006/07/28)
東宝

この商品の詳細を見る


@_@ TATSUYAのレンタル指数-95% !

硫黄島2部作からの関連で、『ポール・ハギス』の監督作品『クラッシュ』を観た。

『ミリオンダラー・ベイビー』に続いて『父親達の星条旗』の脚本を担当し、

『硫黄島からの手紙』では脚本をアイリス・ヤマシタに委ねたものの、製作総指揮と

共同原案で深く関わっている。

その『ポール・ハギス』の脚本・監督作品。しかもアカデミー6部門にノミネートされ、

作品・脚本・編集の3部門を受賞したとあっては、観るほうもチカラが入る。

しかも公開はとっくに終わり、DVDの発売・レンタルも済んでいるので、皆さんのレビューも

事前に見た上での鑑賞となった。結論を急ぐと、やはり『硫黄島2部作』の

ヒントは、ここにも十分に認められると言うこと。   FC2 Blog Ranking

『クラッシュ』の衝突が個人とすれば、『硫黄島』のクラッシュは国と国との衝突である。

しかし、どちらも国籍・言語・宗教・政治・地位が複雑ら絡み合った上での衝突であり、

『硫黄島からの手紙』でも、海軍と陸軍、上官と部下、憲兵と兵や民間人の

クラッシュが深く描かれている。

20061218124803.jpg

さて、本題の『クラッシュ』だが、多くのレビュアーの方が、素晴らしいレビューを

沢山書かれているので、ここでは達也なりに気付いたポイントを取り上げたい。

先ず、オープニングのタイトルバックが美しく素敵なのだが、作り手としては

そこに映画に込める思いやコンセプトを感じさせたくなるものだろう。

勿論例外も多々あると思うが、『ポール・ハギス』はシッカリ思いを込めていると感じた。

というのも、『ねこのひたい』の「にら」さんが指摘されているように、

この映画には2人が1対になったペア何組も登場するが、  ブログランキング

このペアのセットのメタファーが、車の『ヘッドライト』である。

オープニングのタイトルに美しいヘッドライトが浮かび上がって、流れては消えるが、

ヘッドライトは2つで1ペアの象徴に見て取れる。そして車が衝突する時に壊れるのが

ヘッドライトであり、ラストのクラッシュするシーンにも登場する。

20061218124928.jpg

しかし、この映画の中で1台だけヘッドライトが壊れて左側しか点灯しない車が登場する。

冒頭のクラッシュシーンで女刑事に食って掛かっていた韓国女キム・リーの夫、

カンボジア人を密売するチェン・チン・グーの白いワンボックスだが、

相棒と別れた黒人が一人運転している。また、車と言えば、物語のキーとなる車が、

黒の「リンカーン・ナビゲーター」と言うのも面白い。「黒」の「リンカーン」ですから。

それと、売られる寸前に開放されたカンボジア人の少年が、CDショップのPVに見入る

シーンも印象的だが、『クラッシュ2』を期待するのは、達也だけでしょうか・・・。

まぁ、誇大妄想とお笑いください。

Crash [Original Motion Picture Soundtrack] Crash [Original Motion Picture Soundtrack]
Mark Isham、 他 (2005/06/07)
Superb
この商品の詳細を見る


@_@ 速報! 2007年2月に、「CRASH」ディレクターズカット発売!
クラッシュ ディレクターズカット・エディション クラッシュ ディレクターズカット・エディション
サンドラ・ブロック (2007/02/23)
東宝

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




jamsession123goさん、いらっしゃい。
そう言えば、確かにカラードですね。
すっかり忘れておりました。
アメリカに行くと、ふとそれに
気付かされる瞬間があります。
でも日本にも色とは違う格差もあって、
そちらもまた、考えさせられるものが
あります。
【2006/12/24 23:24】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
こんにちは、コメントありがとうございました。
カラードな日本人から観ると、クラッシュは観ていて結構辛いですね。
日本に暮らすことの平和さを感じる作品です。
【2006/12/24 14:26】 URL | jamsession123go #-[ 編集]
ななな さん、ようこそ。
『クラッシュ』のディレクターズ・カット版が、
出るらしいです。
劇場公開版よりも約2分半長く、
ポール・ハギスのロングインタビューも
入っているようなので、
疑問の数々、チェックしてみようと思います。
【2006/12/22 08:18】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
平仮名表記の「にら」さん、大変失礼しました。
無断でレビューリンクした上、優しい平仮名表記を、
ニラレバ炒めのような『ニラ』にしたこと、
ヒラにお許しください。
「クラッシュ」のシングルを集めたアルバムの発売は
知りませんでしたが、劇場公開版よりも約2分半長い、
「クラッシュ」のディレクターズカット・エディションの
DVDが出るようです。
これからも、よしなにお願いいたします。
【2006/12/22 08:15】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
桂木ユミ さん、ようこそ。
トラバの件、了解しました。
『クラッシュ』のディレクターズ・カット版が、
出るらしいです。
劇場公開版よりも約2分半長く、
ポール・ハギスのロングインタビューも
入っているようなので、予約しようと思います。
【2006/12/22 08:01】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ヘッドライトですか・・・
このようなレビューを読むともう一度観なくてはとの気になります。
この映画は観るたびに新しく感じられるものがありそうですよね。

この映画を観た時にポール・ハギスの才能は本物だと思いました。
【2006/12/21 21:10】 URL | ななな #7qDEbzaw[ 編集]
わたくしが平仮名表記の「にら」でございます。

『クラッシュ2』が作られるという話しは知りませんが、「クラッシュ」のシングルを集めたアルバムが発売されるそうです。

って、イギリスのロックバンドのクラッシュですが(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
【2006/12/21 16:10】 URL | にら #lcbXb0/Q[ 編集]
はじめまして。
当方のブログにコメントを頂き、ありがとうございました。
私は劇場で鑑賞して以来、DVDでは観ていないのですが、もし今度観る時には、ぜひヘッドライトに注目してみたいと思います。

それからTBの件なのですが、最近スパムが多かったため、本文中に当ページへのリンクがないもの以外はお受けしないように設定しております。
せっかくTBして下さったのに、反映されていないようで申し訳ございませんでした。
【2006/12/21 01:14】 URL | 桂木ユミ #-[ 編集]
なぎさ さん、いらっしゃい。
Pハギスの才能は、凄いです。
彼の監督次回作を、早く観たいものです。
クリントやスピルバーグとの
セッションで、どんな進化を遂げるか?
期待しています。
【2006/12/20 23:42】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
TATSUYAさん お返しが遅くなってしまって、すみません。
P・ハギスと言えば『カジノ・ロワイヤル』でも脚本を担当されていましたね。
『硫黄島~』が国と国とのクラッシュという表現がとても良いですね!
【2006/12/20 15:42】 URL | なぎさ #-[ 編集]
睦月さん、ようこそ。
そんなとこバッカ観てるけじゃないんですけど、
そんなとこバッカ気になる達也です。
映画って、ホンと面白いっすよ。
【2006/12/19 22:49】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ノラネコさん、コメアリガトウございます。
やっぱりですか、ポールさんは。
ミリオンダラーの時にも感じたのですが、
モクシュラが象徴性の最たるものでした。
そんなとこを、クリントも買ってるのでしょうね。
【2006/12/19 22:48】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ゆかりん、やっぱりそう感じますよね。
最初に見たときから、凄く幻想的で浮遊感のある画だったので、
強く印象に残ったんです。
ポールハギスって、そんな人なんですよ、キット。
【2006/12/19 22:43】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございました!

素晴らしい着眼点ですね。
こういう部分に気づくと、また映画への深みが増して見方が変わってきますよね。

クラッシュ2というのは面白いですね。2ではなくとも、ハギスには監督としてまた素晴らしい作品を作ってほしいなあと思います♪
【2006/12/19 18:54】 URL | 睦月 #-[ 編集]
ポール・ハギスって物語のギミックというか、象徴性の表現がとても上手いんですよね。
それが結果的に寓話性を生むことにもつながっている。
確かにこの作品は、硫黄島二部作のベースになっていると思います。
【2006/12/19 03:01】 URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
車の『ヘッドライト』には気づきませんでした。そういえばそうですよね。
2つで1ペア・・・確かに。
【2006/12/18 22:52】 URL | ゆかりん #-[ 編集]
はじめまして!
ブログPing送信サイト 『ニンキブログ』 と申します。突然失礼申し上げます。
アクセスアップに無料登録しませんか?

『ニンキブログ』 に登録すると、Ping送信する度に『ニンキブログ』のトップページに大きく表示。しかもコミュニティーに
トラックバックするとフォトアルバムに写真を登録できます。

ランキングだけではないチャンスでトップページに更新情報を表示させることができます!
スタートしたばかりのサイトですので、ランキング上位を狙うなら今がチャンスです。是非ご検討ください!

ニンキブログ
【2006/12/18 10:36】 URL | ニンキブログ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(135) クラッシュ-ぶつかりあって、ぼくたちは、わかりあっていく。チラシの表に書かれた言葉だ。日本風に言えば、「雨降って地固まる」だろうか。ごく当たり前のこと.... ヒューマン=ブラック・ボックス【2006/12/24 14:28】
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛  カリスマ映画論【2006/12/24 00:04】
またまた重い、けど・・・たくさんのエピソードは全てが繋がっている。ほとんどが悲しみの連鎖でした。誰もが主人公で本当に日常的な日々。黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。その時は人種差別を扱った映画なのかなぁって思って 映画を観たよ【2006/12/21 21:06】
上映中に聞こえる雑音は、日本の配給元「ムービーアイ」が入手したプリント用ネガフィルムのサウンドトラックに付いていたキズによるノイズじゃなくて、屁です。 ねこのひたい~絵日記室【2006/12/21 16:11】
前回の更新で、画像の使用を止めようということを書いたのですが、たにぐちさんのご協力もあり、崇高なるエキサイト様のお達しではなかったということが判明したこともあり、とりあえずもう少しだけ画像の使用を続けてみます。とはいえ、今後通報体制が強化されるとの報道も ginpeichanの映画日記。【2006/12/21 02:38】
人は、生まれた時から差別意識や偏見を持っているわけではない。これらは、生きていく中で“インプット”されていく。私も、自分では差別や偏見のない人間だと思っているけれど、どこかにこの作品に出てくる人たちと同じ考えを持っているかもしれない。この作品は、ロスを舞 UkiUkiれいんぼーデイ【2006/12/20 15:43】
映画「クラッシュ」の感想です ジャスの部屋 -映画とゲーム-【2006/12/20 11:34】
 crash オリジナル・サウンドトラック「クラッシュ」 ★★★★Crash (2005年アメリカ)監督:ポール・ハギス脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコキャスト:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット NUMB【2006/12/19 23:36】
ひとは ぶつかりあえる。 ひとは わかりあえる。 2004年 アメリカ監督 ポール・ハギス出演 サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・“ルダクリス レンタルだけど映画好き 【2006/12/19 20:37】
映画『クラッシュ』を観てきました。前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差別がテーマというより人間のつながりを ERi’s room【2006/12/19 11:58】
社会への警鐘と同時に,あたたかいメッセージも込められた群像劇。 Akira's VOICE【2006/12/19 11:09】
"サンドラブロック主演"ではありません。クローネンバーグのでもありません☆豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、ポール・ハギスが脚本&初監督したこ 我想一個人映画美的女人blog【2006/12/18 23:49】
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割にはなぜか地味な感じがするよね。「内容が内容だからね。プレスに載っている解説を引用すれば『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、さまざまな人々の運命を導いて ラムの大通り【2006/12/18 23:20】
クラッシュ 監督:ポール・ハギス CAST:ドン・チードル、マット・ディロン 他第78回アカデミー賞 作品賞 脚本賞 編集賞 授賞ロサンゼルス。様々な人種が行き交い、衝突し、それぞれに苦悩する様を描いた作品。人種差別・・・決して解決し得ない人類においての最 Sweet* Days【2006/12/18 23:01】
『CRASH』公開:2006/02/11監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、 ブレンダン・フレイザー☆story☆クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な差別に憤慨. 映画鑑賞★日記・・・【2006/12/18 22:46】
クリスマス間近のL.Aを舞台に、様々な人種、階級、職業の人たちの目を通して描かれた人間ドラマです。 水曜日のシネマ日記【2006/12/18 22:24】
クリスマス間近のL.Aを舞台に、様々な人種、階級、職業の人たちの目を通して描かれた人間ドラマです。 水曜日のシネマ日記【2006/12/18 22:24】
評価:85点{/fuki_love/}クラッシュこういう映画大好きです。群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。大本命の「ブロ 平気の平左【2006/12/18 21:44】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。