ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この映画は、「曲げて、伸ばして」観て欲しい。

20070319194004.jpg

 嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀

@_@ TATSUYAのレンタル指数-95% !

前略 天国の川尻松子様。春は目の前とは言え、まだまだ寒い日が続きます。

先日やっと借りたDVDで、あなたを拝見し、あなたのひた向きで誠実な愛、不器用な生き方、

そして澄み渡る歌声に惹かれてしまいました。

殴られても、殺されかけても、あなたは愛した男を一度も裏切りませんでした。

自分を不幸にした元凶の龍君にも、神と言われるほどの愛を注いだあなた。

そして、死の直前まで中学生を叱る、あなたは稀に見る真面目な教師です。

そんな松子様、あなたが、愛しく、切なく、大好きです。
20070318154847.jpg

あなたの人生が『中島哲也』監督に映画化されたと聞いて、当初観る事を少し躊躇しました。

中島監督は、トヨエツの黒ラベルを始め、ヒットCMが山ほどあるCM界の巨匠ですが、

あなたの人生を映像化することなど、出来るのだろうか・・・、

ましてミュージカルのスタイルで描くなど・・・。しかし、全くの杞憂でした。

スクリーン狭しと唄い踊るあなたは、悩み苦しみ裏切られても、

常にポジティブに人生と愛に真っ直ぐ向き合っていました。  ブログランキング

あなたを演じた『中谷美紀』さんとは、目黒109スタジオのエレベーターで

偶然一緒に乗り合わせたことがありましたが、ちっちゃくて華奢で、

この映画のパーワーが何処から来るのか不思議です。きっと、

あなたの思いが彼女にも伝わったのかも知れませんね。
20070318155136.jpg

ミュージカル・シークエンスの中では特に、『トルコ嬢』と『刑務所』のシーンが

印象的ですが、『百貨店の屋上』や『水曜日の不倫』も素敵でした。

サイケでポップ。いつも夢を見て、星に手を伸ばしていたあなた。

刑務所の中でも、ヒンズースクワットを欠かさず、理髪師の良き妻になる為に努力する姿に、

親友の沢村めぐみ(黒沢あすか)さんも感動し、

あなたを最後まで助けようとしたのでしょう・・・。

だから、あなたの甥のへなちょこで、情けないフリーターの笙君(瑛太)も、

めぐみさんに愛され、あなたの事を、しっかりと理解してくれたようですね。

父に愛されたい為に始めた「ひょっとこ顔」。生涯、誰かに愛を捧げ続けたあなた。

東京の荒川を眺めて故郷の筑後川を偲んだあなた。

あなたの50数年の人生を、2時間10分で描きつくしたこの映画は、実に見事です。

20070318155432.jpg

あなたの怒涛の人生を燃焼し切った生き様が、監督、出演者、そして全てのスタッフをして、

この稀に見る傑作『嫌われ松子の一生』と言う映画を作らせたのでしょう。

もし一つだけ難をつけるなら、川尻松子様、あなたはタイトルの様に嫌われていません。

『ただいま』、『おかえり』。そんな言葉を誰よりも欲しがったあなた。

最後に、そんな松子に『お疲れ様』と言ってあげたい、達也です。    早々

なーんて、手紙風のレビューになってしまいましたが、

この映画、一度目観た時は、あまりの濃い味付けに、ちょっとおかわりは無理かな、

なんて思いましたが。最後まで観て、もう一度すかさずリプレイ。

結局朝の4時まで、コメンタリーも含めてみてしまいました。

普通あれだけ悲惨なストーリーだと、まともに描くと滅入ってしまう。

しかし、ストーリーの本質を歪めてしまっては元も子もない。

中島監督、ミュージカル仕立てに『曲げて伸ばして』ポップチューンする事で、

見事に松子に命を吹き込んだのではないでしょか・・・。


嫌われ松子の一生 (上) 嫌われ松子の一生 (上)
山田 宗樹 (2004/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


嫌われ松子の一年 嫌われ松子の一年
中谷 美紀 (2006/05/10)
ぴあ

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング

スポンサーサイト




耕作さん、中島監督の次回作、
ほんとに楽しみです。
この路線で、ガンガン行ってほしいものです。
スタッフや役者さんは大変でしょうけど。
【2007/03/26 08:01】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ちゃぴちゃぴ さん、ようこそ。
達也も『下妻物語』観ました。
なるほど、中島哲也の
スタイルが良く分かりました。
シャイでホットな人ですよね。
日本のティム・バートンを
目指して欲しいものです。
と、いっては失礼かな?
【2007/03/26 07:59】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
なぎさ さん、いらっしゃいませ。
レビューお褒め頂き、恐縮です。
達也は、メイキングも観てしまいました。
サントラ『嫌われ松子の歌たち』も聞きました。
本編も何度も見直しました。
当分続きそうです・・・。
ホント映画ってやつは・・・。
【2007/03/26 07:55】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ケントさん、原作も買ってしまいました。
中谷美紀さんのエッセイ『嫌われ松子の一年』も、
買ってしまいました。
松子にはまっております。
ホントに愛しい映画です。
【2007/03/26 07:53】 URL | TATSUYA #-[ 編集]
ごめんなさい、コメント遅くなっちゃいましたね。
この作品はキャストの素晴らしさも勿論ですが、
中島監督の妥協を感じさせない個性的な演出にも
拍手を送りたいですね。
次回作も楽しみです。
【2007/03/23 05:02】 URL | 耕作 #-[ 編集]
コメントどうもありがとうございます。
これは、悲惨な女の一生をPOPに描き楽しいような映画になってましたね~。
ナイスです。
前作の「下妻物語」が、ツボにはまったんで、期待してたんですけど、期待以上に面白かったです。

TATSUYAさんの記事、ステキですね。
TBさせていただきました。うちんちは、TBフリーですので、どうぞお気軽に~(アダルトサイト系などは消してますけどね・笑)
これからも、どうぞよろしくぅ~
【2007/03/21 23:03】 URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
手紙仕立てのレビュー良いですねぇTATSUYAさん!
もう一度、DVDで鑑賞してみたくなりましたよ~♪
【2007/03/21 16:52】 URL | なぎさ #-[ 編集]
TATSUYAさんコメントありがとう
とにかく、変わった映画でしたね。中島監督も凄いけれど、なんといっても、あの中谷美紀ちゃんの「ひょっとこ顔」が印象的でした。
【2007/03/21 16:21】 URL | ケント #neBEUUqk[ 編集]
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://babyif.blog96.fc2.com/blog-entry-65.html
【2007/03/18 21:04】 URL | 子育て情報局 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


感動度[:ハート:][:ハート:]       2006/05/27公開   (公式サイト)笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]泣き度[:悲しい:][:悲しい:]衝撃度[:!:][:!:][:!:]映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]【監督】中島哲也【脚本】中島哲也 アンディの日記 シネマ版【2007/04/12 01:46】
監督:中島哲也出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田.... デコ親父はいつも減量中【2007/03/21 23:10】
今、、内山理名でTVドラマしてるらしいですね。見てないけど。原作もよんでないけどね。上映時のあのCMの♪愛はバブル 愛はトラブル~(by:BONNIE PINK「Love is Bubble」)が、えらく耳に残って、(CD借りましたよ)「下妻物語」の監督さんだし、おもしろそ~観に行こ. 晴れたらいいね~【2007/03/21 22:58】
福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛されたくて、いつも変な顔をして喜ばせたり、父親の望む良い子に育ち、そして必死で エンタメ動画日記 -映画等の紹介-【2007/03/21 21:51】
“生れて、すみません。”松子の一生は、駆け足のように足早に・・・・・・その中で人を愛し・・・・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。その松子の人生に、私は・・・涙がでました!“意気消沈”している日本映画において、こんなにも“エネルギッシュ”で、“ UkiUkiれいんぼーデイ【2007/03/21 16:44】
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 (allcinema ONLINE) 解説: 『下妻物語』の中島哲也... タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌【2007/03/21 16:35】
中島哲也はCMの世界の巨匠である。業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映像に彩られた快作だったと思う。15秒という ノラネコの呑んで観るシネマ【2007/03/21 01:37】
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。「う~ん。これはある意味、スゴい問題作だね。どう評価していいのか、一言で言えばこんな映画観たことがない。これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビール』)など、CM ラムの大通り【2007/03/18 23:02】
★★★★☆  ある不幸な女の一生を、大胆かつマンガチックに描いた大傑作だね。中谷美紀の新境地を切り開いた、ある意味実験的な作品でもある。彼女はこの作品でドロドロになったが、それによって一皮も二皮もむけ、大女優への道を歩み始めたとも言えるだろう。 嫌われ松子 ケントのたそがれ劇場【2007/03/18 16:58】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。