ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『なんくるない』事ない映画。

深呼吸の必要 (初回限定版) 深呼吸の必要 (初回限定版)
香里奈 (2005/01/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


 同じ映画でも、それを観た時の気分や心理状態、環境や自分のテンションによって、感じ方は変わってくる。勿論、優れた映画は、そんなエモーショナルなものも一変してしまう不思議なチカラを持っている。
 だからこそ、早くも五月病に悩んでいる君や貴方にぜひ観てほしいのが、この映画『深呼吸の必要』なのだ。

 監督は、「天国の本屋~恋火」の篠原哲雄。脚本は長谷川康夫。主演は監督との2作目となる香里奈。そしてキビ刈り隊のメンバーには、谷原章介 、成宮寛貴 、金子さやか 、久遠さやか 、長澤まさみ 、そして大森南朋と、今や押しも押されもせぬ若手のトップスターが勢ぞろいだ。また音楽は小林武史。主題歌を「MY LITTLE LOVER」が歌っている。

 物語は、沖縄へ到着したフェリーから降りてきた、若者達男女5人が、サトウキビ畑の刈り取り隊としてアルバイト先の農家にたどり着くことから始まる。ポンコツの軽トラで迎えに来たのは、バイトの先輩・田所豊(大森南朋)。派遣社員の明るいひな(香里奈)は場を盛り上げようとするが、派手な川野悦子(金子さやか)以外の 池永修一(谷原章介) 、西村大輔(成宮寛貴)、土居加奈子(長澤まさみ)は何か分け有りの様子で、中々打ち解けようとしない。 ブログランキング

 そして、見ず知らずの男女6人の共同生活と、35日で7万本のキビ刈りのバイトが始まった。しかし、要領を飲み込めない者、先輩風を吹かす豊かとぶつかる者。ぎこちない関係のまま、仕事ははかどらない。やがて、東京で看護師を勤める辻元美鈴(久遠さやか)も帰省して仲間に加わる。辛い仕事に疲れ一人、また一人と抜けてゆくが、なぜかココに引かれて舞い戻る。ある日、大輔が豊に、あんたはまともに暮らせないから、ここに逃げてるんだ』と食って掛かる。 何もいえない豊。そんな大輔も、肩を壊した元甲子園のエースだった。そして、同じことを繰り返すバイトの毎日の中、小さな出来事が起こる度に、それぞれの背負った痛みがほんの少しずつ見え隠れするのだった・・・。

 この映画は、まるでドキュメンタリーの様にロングの長回しが多く、淡々とサトウキビを刈り続けるシーンを写していく。そして、出演者達も、その間に世間話をするでもなく、ただ淡々とキビを刈り続けるのだ。しかし、ゆっくりと流れる時間。何処までも高く碧い空と入道雲。刈り取られたサトウキビ畑の向こうに、果てしなく沖縄の海が広がっている。そして何時しか、そんな画面を観ながら深呼吸している自分がそこにいる。いつの間にか、出演者達と一緒にカタルシスを感じてしまう。そんな、なんでもないのに何かがある、不思議な映画なのだ。FC2 Blog Ranking

 キビ畑の「おじい」と「おばあ」の笑顔。おばあの沖縄料理とおじいの『なんくるないさぁ』の言葉が、少しずつ心のもつれた糸を解いてゆく。この映画を観ながら、そんな沖縄の魅力にたっぷりと癒されてみるのも良いだろう・・・。


人気blogランキングへ ←よろしければ

にほんブログ村 映画ブログへ



ブログランキング

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。