ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスト サムライ ラスト サムライ
トム・クルーズ (2005/11/18)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


AQUOSの購入を記念して、いい映画を大画面で見直してみようと、手に入れました。再度じっくり見直してみると、ロードショー当時気になった歴史公証のあいまいさもあまり気にならず、俳優達の演技とストーリーの起伏が見えて面白かった。 渡辺謙は、気合入っとります。真田君も負けていません。これでサウンドがDtsだともっと良いのに、残念。

●チェックPoint①: オールグレン大尉(トムC)が登場する冒頭の1870年代のサンフランシスコと、太平洋を渡ったオールグレン大尉が日本の横浜に着く前後の情景・設定の素晴らしさは見ごたえたっぷり。特に当時の日本を再現した横浜港のセットは秀逸。監督の音声解説にもあるが、登場人物のセリフが頭に残らなくて、何なども見直してしまいます。でもそれは、セリフ確認にならず、またリピートする羽目に。

●チェックPoint①: 真田広之の抑えた渋い演技が見もの。同時オーディションで謙さんに敗れたものの、この映画に日本人のアクターとして出演する意図を十分把握して望んでいる。感情的な武士の役を、実に情緒的に演じて深さを静かに感じさせるのはさすが「たそがれ清兵衛」。小雪も神秘的かつもの悲しげな表情がいい。末っ子の存在も侮れません。まぁ、とにかく俳優人の演技をお楽しみください。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。