ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上を向いて、星を見て歩こう。

遠い空の向こうに 遠い空の向こうに
ジェイク・ギレンホール (2005/06/24)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

1957年、ウエストバージニア州の田舎の炭鉱町に住む一人の少年が、

ソ連の人工衛星スプートニクを大空に見つけることからこの物語は

始まる。

高校生のホーマーは炭鉱夫の息子として生まれ、炭鉱夫になるはずだったが、

この出来事をきっかけに父親の反対を押しきり、3人の仲間と女教師の

助けを得て、ロケットを作り始める。

数々の失敗や周囲の反対にもめげずに、星を目指して自らの新しい運命

を切り開くために・・・。

そして30年後、そんな少年たちの希望と意思が星に届く。

現在NASAに勤務する「ホーマー・ヒッカム」が書いた素晴らしき真実の

物語「ロケット・ボーイス゛」を、ジョー・ジョンストン監督が

映画化した「遠い空の向こうへ」。

もう一つのスタンバイミーとして、また「ライトスタッフ」のサイド・

ストーリーとして、是非ぜひ観ていただきたい映画である。

厳しい実直な父親を演じる「クリス・クーパー」、女教師ライリーを

演じる「ローラ・ダーン」らの名演も、映画を引き締めている。

ラストに映し出される8mmフィルムのロケット実験風景が、宇宙を

目指した少年達の夢が、フィクションではないことを強く印象付けてくれる。

★星1500個
くらいはあげたい映画である。
ブログランキング にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。