ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2007/08/19 (Sun) 『ブラックダリア』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


経済小説の映画化

燃ゆるとき 燃ゆるとき
中井貴一 (2006/07/14)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る

チュドーン! ウワーっ地雷な映画観てまった。またまた邦画地雷にやられた達也です。地雷の名は『燃ゆるとき』。経済小説で知られる人気作家・高杉良の原作を映画化したもの。

『中井貴一』演じる資材課の部長が、経営の行き詰った大手食品会社のアメリカ工場に赴任するところから物語りは始まる。文化の違うアメリカ大陸でカップ麺を売ろうとする日本の食品会社の前に、アメリカ社会の現実の壁が立ちはだかる。日本式の経営手法は生き残れるのか…。主演の中井貴一を始め、社長の鹿賀丈史、工場長に伊武雅刀と、チカラのある役者が揃っているのが救い。ただ、中井の妻役の「大塚寧々」はどぎゃんしたと!彼女に普通の主婦は似合わんし、やれましぇん。

とまぁ、★2つの映画ですが、経済やアメリカ人(ほとんどメキシコ移民)を使った経営に興味のあるお父さん向けですなぁ。
  
にほんブログ村 トラックバックテーマ 日本映画、邦画へ
日本映画、邦画


バイ・デザイン
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 TATSUYAの レンタル映画レビュー, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。